スポンサードリンク

仮想通貨(アルトコイン)に100万円投資します!!!

だいぶ出遅れた感がありますが、ついに仮想通貨を購入します。
いろいろ調べた結果、今後紙切れになる可能性もありますが、それよりも将来1000倍になる可能性の方が高いと判断しました。
この100万円は失ってもOKという感覚で購入します。
(実際は株と違って価値0円になったら紙切れもないんだと思いますが・・・)

仮想通貨というと聞き慣れないかもしれませんが、ビットコインといえば聞いたことある方がほとんどだと思います。
ビットコインの説明はこのブログでもしなくてもいくらでも調べることが可能なのここでは割愛しますが、導入当初からの価格がなんと軽く数千倍です。

ちょうど先週、中国政府がインターネット上でやり取りされる仮想通貨に対し規制を強め、代表的な仮想通貨「ビットコイン」の中国にある大手取引所が今月30日ですべての取り引きを停止すると発表しました。
これで大暴落するかなと思ってみていたのですが、一時的には下落したものの現在はほとんど落ち着いてまた元の値段に戻る動きになっています。

仮想通貨は乱高下が激しいので買うタイミングが難しいと思って敬遠していたのですが、このニュースを受けてもそこまで下がらなかったので今後も値上がりするだろうと判断し、購入することを決めました。

しかし、購入するのはビットコインではなくアルトコインです。
アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。
以下3種類のアルトコインを最終的には30万円ちょっとずつ購入する予定です。

1.リップル(ripple)
2.ネム(NEM)
3.イーサリアム

『リップル』
時価総額3位の仮想通貨で実用性が最もある仮想通貨です。
日本の金融機関も多くが採用すると言われており、今後大きく普及する可能性があります。
まだ価格が安いので今後100倍くらいになる可能性はかなり高いと思っています。
1000倍があるとしたらこれだと思います。

『ネム』
時価総額は現在は6位ですが、カタパルトという新プロジェクトが成功すれば一気に値上がりすること間違いない無しです。
カタパルトが採用されるかは今のところまだ確定ではありませんが、採用する方向で準備を進めているのは確実なのでそれに期待したいと思っています。

『イーサーリアム』
現在時価総額2位ですが、実用性に関してはまだまだでリップルには及びません。
しかし、世界の大手企業が日々研究を行っておりその将来性に期待してといったところです。
トヨタやIBM、サムスンといった大企業がその研究に参加していて、将来的にイーサリアムを商品や取引決済に導入する予定としているので期待はかなり大きいと思います。

どの仮想通貨取引所で購入するか

仮想通貨取引所は数多くありますが、セキュリティの面と取り扱う通貨の面でどの取引所にするかを決めることになると思います。

そのどちらも満たしているのが、coincheck(コインチェック)です。
現在一番人気の仮想通貨取引所なので多くの方が使っており信頼性も高いです。

購入可能な通貨も最も多く、私が紹介した上記3つのアルトコインを購入することも可能です。

数年前にビットコインの取引所が倒産して日本でも大きなニュースになりました。
そういう点を考慮してもこのコインチェックが最も安心して取引できる取引所だと思っております。
もちろん私もコインチェックでアカウントを開設しました。ちなみに以下からアカウントの開設が可能です。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

さらにさらにこのコインチェックでは、「貸仮想通貨サービス」というのがあり、アルトコインを買って長期保有するという場合はコインを貸して利息をもらえるというサービスがあります。定期預金のようなものでその期間は売却などはできなくなりますが、期間満了時には最大5%の利息がもらえます。

仮想通貨に興味があるという方は、口座開設をして数万円でも買っておくと気づいたときにはものすごい額になっているということがあるかもしれないので是非試してみてください。

宝くじを買うよりは可能性は高いと思います!

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。