スポンサードリンク

仮想通貨の興味深い最新ニュース!「4件掲載」

本日は、仮想通貨に関する最新ニュースについていくつか記載したいと思います。
本当は別の投資についての記事を記載する予定でしたが、仮想通貨関係の興味深いニュースがいくつも出たので旬なうちに紹介したいと思います。

最近は仮想通貨の記事が普通に日経新聞などにも載るようになってきたのでだいぶ一般にも認知されてきたのだと思います。

テックビューロ社 仮想通貨で給与に3割上乗せ

仮想通貨販売所Zaifの運営やZairトークンを発行しているテックビューロ社は、全役員・全従業員に対して、毎月の給与に上乗せで30%相当の仮想通貨またはトークンを付与すると発表しました。(付与される仮想通貨またはトークンの選択権は無し)

テックビューロ社の朝山貴生代表は、「2018年はさらに仮想通貨やトークンの利用が拡大すると予想し、本インセンティブ制度は、自社役員と従業員に保有を促進する事でリテラシーの向上を計り、事業の成長基盤の拡充へとつなげていくものです。」とコメントしています。

12月から配布を開始しているようで、どうやらZaifトークンが配布されたようです。(どの通貨が配布されたかは公開はされていないようです)
株でいうところのストックオプションのようなもので、テックビューロ社が今後Zaifトークンの価値を上げる施策を打ってくるということが明確になったと言えると思います。

私も100万Zaifトークン所有しており、Zaifが発展すれば”億り人”を目指せる可能性を秘めているトークンだと考えております。
(テックビューロ社が発展できるかに掛かっていると思います。)

Zaifトークンはまだ2円前後と比較的投資しやすい価格なので興味がある方は、以下から口座開設して見てください。
現在Zaifの口座開設の申請がかなりの数あるようで口座開設完了までに最長で3週間程度かかるようです。

GACKTが仮想通貨事業に参画することをブログで報告

歌手(タレント)のGACKTさんが仮想通貨事業「SPINDLE」に参加することを12月26日の夜に公式ブログで発表しました。
「SPINDLE」の具体的な事業内容はまだ明かされていませんが、芸能人が正式に仮想通貨事業に参画すると表明してくれるとそれなりに宣伝効果があり、仮想通貨が一般の方にも認知されていくと思います。

SPINDLE公式サイト:https://spindle.zone/jp/

仮想通貨の税金 マレーシアでは税率3%?!

仮想通貨得た利益に対してももちろん税金がかかります。
以前も説明しましたが、日本では仮想通貨で得た収入は雑所得となり、4000万円以上を稼ぐと税率が55パーセントとなってしまいます。

26日深夜放送の「スタジオに絶対来られないスゴイ人」(毎日放送)という番組で、1年間で仮想通貨で5億円稼いだという方が登場しており、現在はマレーシアで暮らしているとのことでした。

マレーシアのある地域で法人を設立すると、なんと税率が3パーセントか約50万円のどちらかを選べるということでした。
これって衝撃的で例えば1億円稼いだとすると、5500万円の税金を払うところが50万円払えばOKということです。その差5450万円です。

売却するタイミングでマレーシアに住んでいればいいのかはちゃんと調べてみないとわかりませんが、この差はとにかく衝撃的でした。
法を守って節税できるのは理想なので私も税金については今後もしっかり勉強しておきたいと思います。

タイナビで仮想通貨マイニング事業を開始!

太陽光発電の最大手サイトのタイナビさんの会員向けに仮想通貨マイニング投資の紹介のメールが配信されました。
太陽光発電と仮想通貨マイニングで全然別の分野だったので正直驚きでした。

詳細は以下です。

税制優遇制度を利用することで100%即時償却が可能なマイニング事業とのことです。イーサリアムの1350万円の投資で毎月100万円の利益が得られるという内容です。

正直、長期間毎月100万円の利益が上げることができるかは疑問点も多いので実際にマイニング事業に投資するかは検討しないといけませんが、こんなところまで仮想通貨が普及してきたかぁというのが驚きでした。

やはり2018年はさらに仮想通貨が一般的になって仮想通貨市場に参加すること人が増えてくる可能性が高いと思います。

私は、前述の記事で紹介したZaifと以下のコインチェックを使って投資をしており、現在含み益が数百万円単位で出ております。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

ちなみにマイニング事業の情報配信のあったタイナビさんの無料会員登録は以下からできます。優良情報が配信されるのでまだ興味がある方は会員登録をしてみてください。(完全無料です)
タイナビ発電所

※仮想通貨投資はリスクもあるので自己責任で投資判断をしていただくようお願い致します。リスクをとる分は大きなリターンを期待することもできるのでリスクに対するリターンを検討の上ご判断ください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。