スポンサードリンク

リップルのみ値上がりが緩やか?!他の仮想通貨は全面高

ビットコインの上昇につられるように仮想通貨が全体的に値上がりしております。
2か月前と比較して倍になっている通貨も数多くありますが、私が一押しのリップルは若干出遅れている感があります。
これも想定内なのでさらにリップルを買い増ししていこうと思っております。

仮想通貨値上がりしちゃって買うのないなぁと思っている方は是非リップルを検討してみてください。

まず本日現在の仮想通貨の状況です。
【コインチェック】

123万円の投資に対して182万円まで値上がりしているので約60万円の含み益です。

現在各通貨の価格は以下の通りです。

NEM(ネム)は、1XEM=30円を超えていますし、DASHなども1ヶ月前から倍以上に上がっております。
しかし、リップルは1XRP=22円くらいから27円に上がっただけでまだまだ上がりが緩やかな感じです。

【Zaif】

65万円の投資に対して75万円まで値上がりしているので約10万円の含み益です。
主にZaifトークンへの投資ですが、0.6円までは上がらず0.55円を超えたところで推移しています。

リップル(XRP)は本格的な値上がりはもう少し先

リップル(XRP)だけ出遅れ感がありますが、それにも理由があり、本格的に値上がりするのはもう少し先だと考えております。
その理由について簡単に記載してみたいと思います。

その前にまずリップル(XRP)が将来20000円まで上がるかもしれない理由を書いた記事があるので以下を参照してください。
⇒リップル(XRP)が将来2万円(1000倍)になると考える明確な根拠

将来的には上記にあるようにリップルが送金に活用されれば大きく値上がりすると思います。
それ以外にも以下の理由で現在はそこまで価格を上げていないだけと予想しています。

・ロックアップ待ち
リップルは2017年5月にロックアップをすると発表していますが、まだ実施していません。
発行数量の1000億XRPのうちリップル社が640億XRP持っていてこのうち550億XRPをロックアッするという発表をしているのですが、まだしていません。それが12月中に行われるという噂でそれを待っているという方が多いです。
(実際はロックアップされたら一瞬は上がるかもしれませんが結局そこまで上がらずそこそこの価格で落ち着くと思っています)

・リップルミートアップでのリップル社からの発表
11月10日に東京で開催されたミートアップ(会議)でリップル社側から以下のようなコメントがされています。
「リップル社が現在力を入れているのでXRPの価格を上げることでなく流動性を高めること」
「短期間での価格の変動は気にしていなくより有用性のある通貨にしていくこと最優先に考えている」
とりあえず今現在はXRPの価格上げることより使われること(流動性を高めること)に力を入れているということです。

これらの情報から値上がりが遅れ気味なのは当然と言えば当然で、リップル社としても目先の価格よりしっかり使われ通貨にすることで価格は後でついてくるという考え方です。

よって、私も大きく値上がりしてしまう前にちょこちょこリップル(XRP)は買い増ししていこうと考えております。
仮想通貨投資をこれから始めようという方はリップル(XRP)はおすすめだと思います。
(もちろん投資なのでどんなものでもリスクはあるので最終的に投資するかは自己判断でお願いします)

リップル(XRP)を購入するにはコインチェックがおすすめです。
セキュリティも国内の販売所ではNo1ですし、100万円まで不正アクセスに対して保証もあります。まだ口座を作ってない方はまずはコインチェックから口座を作ってみてください。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

Zaifトークンも若干出遅れ感はありますが、勝負は2018年末なのでこちらも興味がある方は以下の記事を読んでZaifの口座開設をしてみてください。
⇒Zaifトークン0.5円まで上昇中!来年の今頃は・・・

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。