スポンサードリンク

戸建て住宅に住んでいる方や不動産投資をしている方は絶対にお得!

戸建て住宅にお住いの方や不動産投資をしている方(区分以外)には絶対にお得な情報です。

以前も少しだけ触れたことがあるのですが、実際に自分が実行してみてわかったことがあったので皆さんにも紹介したいと思います。

損することは無いので見るだけ見てみてください。

所有しているアパートの屋根に若干の不具合があり、外壁と合わせて修繕をしようと思い業者に相談したところ、火災保険が適用される部分があるかもしれませんよというアドバイスをいただきました。

以前から知っていてこのサイトでも少しだけ触れたことがあるのですが、火災保険は火事だけではなく「風災(台風)」や「雪災」なども保険が適用され、それらの被害で不具合が起こった箇所は保険金が支払われます。

当然自分では部屋の上とかは登れないですし、どれが災害による被害かはわからないので、業者の方(プロ)にみていただいて被害であろう箇所については保険金の申請をしてみました。

全部が認定されたわけではないのですが、その中でなんと180万円の保険金が支払われることになりました。

自分でもびっくりでした。。。

物件の管理をお願いしている不動産屋さんにその話をしたらどうやら普通のことのようで、大きな台風や大雪が降った際には多くの方がそのような調査をしているということでした。

私よりもっと大きな金額が支払われた方が多数いるようです。

自動車保険と異なって火災保険は使っても等級が下がるというようなこともないので、使わないと損をしてしまいます。

これは投資用のアパートなどだけの話ではなく、ご自身が住んでいる戸建てなどでも同じです。

災害があってから3年以内であれば申請が可能なので、2019年の台風などで被害が出ていないかを確認してみる意義は十分あると思います。

費用は保険金がおりた場合だけその金額の〇割という形で手数料を払うだけです。もしも保険金が出なかった場合は費用は一切かかりません。
持ち出しは無しということなので安心して申請してもらうことが可能です。

どこにお願いするかわからないという方は以下から依頼をしてみてください。

【関東の方】

【その他の地域の方】

※以下はしっかり認識してください。

災害により被害がある場合のみ保険を使うことが可能になります。
経年劣化や人災や故意の被害については当然ですが保険を使うことはできません。

本当に自然災害による被害があったかを確認してもらって、被害があった時だけ保険屋さんに申請をして、認定されれば保険金が出るということになります。

3年以内に大雪(雹)や台風(暴風雨)があったという地域にお住まい場合は上記から確認をしてもらうとよいと思います。

火災保険も結構な金額を払っているの災害による被害がある場合は使わないと損なので本当に被害があるかを確認することをお勧めします。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。