スポンサードリンク

なぜ積み立て投資をするのか?

なんで積み立て投資をするんだろうと思う方も多いと思うので、まずはその点について解説します。
積み立て投資とは、毎月決まった額を決まった日に買い増していくという意味です。

まあ簡単にいうと徐々に増やしていくというイメージです。
私が積み立てがいいなぁと思う理由は以下の2点です。

・価格が上がるか下がるかを予想しなくていい
 株や日経225などの投資も行った経験はあり、毎日上がるか下がるかを予想していたのですが正直わかりませんでした。価格が上がるか下がるかわからない場合は積み立ては有効です。予想しないで済む投資方法です。

・リスクを抑えることが可能である
 毎月同じ額ずつ購入していくので価格が下がった時には多く購入して、上がった時には少なめに購入することになります。価格が徐々に下がったら平均の購入価格も下がってくるので大きく損をすることはありません。逆に大きく増えることもありませんが、資産を徐々に増やすという意味では積み立てが最適です。

「ドルコスト平均法」という言葉は聞いたこともある方が多いのではないでしょうか?
この積み立てがドルコスト平均法のことを指し、毎月投資することで時間分散の効果を得ることができる投資手法ということになります。

現在運用中の積み立て投資

2017年10月現在毎月以下の案件に積み立て投資をしています。
【仮想通貨】

国内No1の仮想通貨販売所コインチェックで扱っている以下の13種類の仮想通貨に各1万円ずつ毎月積み立てをしています。

合計毎月13万円の積み立てになります。

コインチェックには積み立て制度がないので毎月日にちを決めてその日に13万円を入金し、1万円ずつ購入するようにしています。
毎月13万円は難しいけど、1万3千円ずつなら可能という方は各通貨千円ずつからでも積み立て可能なので検討して見てください。

13種類の仮想通貨を取り扱っているのは日本国内ではコインチェックだけなのでまずは以下で口座開設が必要になります。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

⇒仮想通貨13種類に積み立て投資をします!

【FX積み立て】
毎月3万円をFX積立投資でトルコリラ円スワップ金利投資を行っております。
今までFXは敬遠してきたのですが、この投資法であれば安定して年利20%no%の期待ができます。

高金利通貨で最も有名なトルコリラ円で金利を受け取るという手法です。
この投資は資産運用の参考にさせていただいている師匠の完全な真似になります。(いい投資は真似が一番です)

•毎月3万円を入金して3千トルコリラを購入
•スワップ(金利)が3万円貯まったらその3万円でさらに3千トルコリラを購入(複利運用)
•計算上2年後には積立金額が72万円でスワップ金利が約31万円になる

簡単にいうとこんな感じです。
さらに今現在トルコリラが円に対して過去最安値近くの状況です。
為替差益が出る可能性も高いので積み立てでコツコツ買っておくのが最善と判断しました。

⇒トルコリラ円スワップで金利20%以上で資産運用!
⇒FX積立のリスク分散用にメキシコペソ投資を月2万円始めます

【投資信託】
正直に書くと、投資信託の積み立ては融資の金利を下げてもらうために実施した感じです。
1万円で0.1%下げてくれるということだったので毎月5万円の投資をしています。

もしかするとそのうち投資先を変更するかもしれませんが、現在は毎月5万円を積み立てしています。
それでも現在3%以上の利益がでているので銀行に預けておくよりは全然ましです。

積み立て投資している銘柄は以下になります。
-フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド
-ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
-ドイチェ・グローバル好配当株式ファンド
-ダイワ・US-REIT・オープン(為替ヘッジなし)
-コア投資戦略ファンド(成長型)
※近々にひふみ投信に変更するの検討中です。

【セーフティ共済積み立て】
節税のためにセーフティ共済積み立てを行っております。
毎月13万円積み立てをしている状況ですが、増えることも減ることもありません。
ただ経費にはなるのでかなりの節税効果にはなっております。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。