スポンサードリンク

1号機 9月シミュレーション比139% ぼちぼちの結果!

本日1号機の9月の売電明細が届きました。
8月が最悪な結果だったのでどうかなぁと思っていましたが、ぼちぼちの結果で一安心です。
9月はばらつきが大きくて悪い年は3,500kWhで良い年は5,300kWhくらい発電していたので、満足していい水準の結果だったとは思います。

売電明細は以下をご確認ください。

売電量:4,881kWh、売電額:189,773円、シミュレーション比139%

昨年の同時期は3,879kWhだったのですごく良いわけではないですが、まあまあの結果だったと思います。

最近よく質問されるのが「実際にどれくらいのキャッシュフローがでてるんですか?」という内容です。
1号機の方が後に明細が届くので1号機の売電量の記事を書く際に大体のキャッシュフローも記載してみたいと思います。

【2017年9月の太陽光発電事業CF】
『収入』
1号機:189,773円
2号機:180,403円

『支出』
特に無し

『ローン返済』
約220,000円

『キャッシュフロー』
約150,000円

仮想通貨(暗号通貨)情報

『購入時』
20.551 XRP/円×20000=411020円
25.218125 XEM/円×16000=403490円
2146.89984838 FCT/円×86.4=185490円
※手数料が込みになるのでその時に価格より若干高めで購入しています。

『現在』
1XRP = 24.867 ×20000⇒497,340円
1XEM = 23.707 ×16000⇒379,312円
1FCT = 1912.2 ×86.4⇒165,214円
総資産:1,041,391円(+41,891円)

NEMが大幅に下げてしまいました。しかしその分リップルが大幅に上げています。合計ではプラスを維持しているので結果オーライです。この日常の上下には踊らされずに長期で値上がりを待ちたいと思います。
⇒仮想通貨(暗号通貨)の詳細記事はこちらからどうぞ!

仮想通貨を国内で購入したいという場合は以下のコインチェックがおすすめです。
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。