スポンサードリンク

om’sから最新の資料が送られてきました!

おすすめのメンテナンスパックとして紹介しているom’sから最新の資料が送られてきました。

現在のom’sのサービスや状況などを紹介してほしいとの依頼を受けたのでちょっとだけ詳しく紹介したいと思います。
家から通うには少し遠い場所に太陽光発電所がある方やこれから少し遠い場所も含めて発電所の購入を検討しているという方は参考になると思います。

om’sとは?

まずom’sとは、エナジー・ソリューションズ株式会社という会社が提供しているフルパッケージのメンテナンスパック商品のことです。

詳細は後述しますが、月額1万円以下で以下のサービスが提供されています。

・定期点検
・駆けつけ対応
・収支シミュレーションはどのように出してるのか知りたい
・モニタリングサービス
・故障時の工賃無料サービス・自然災害保険
・売電補償
・遠隔監視システム『ソーラーモニター』の設置※遠隔監視未設置の場合
・遠隔通信費用込

他社メンテナンス商品と比較するも圧倒的なコストパフォーマンスを実現していると思います。

現在、全国の管理数は約400ヵ所以上となっており、実績としても十分なサービスになっています。

月額費用とプラン

プランはこの3つが用意されており、最も安いもので月額8,800円となっております。
特徴は、メンテナンスにプラスして保険や売電補償も含まれている点でこれ一つでほとんどのリスクが回避できることになります。

om’sの特徴


om’sは、各プランの月額費用に「損保ジャパン日本興亜」による保険代金も含まれています。
メンテナンス料金とは別に保険代金を支払う必要もありません。保険がセットになっているメンテナンスパックだからこそ、ランニングコストを抑えることが可能になっています。
万が一の災害時など保険会社との交渉まで対応してくれるので手間も大幅に軽減されるのもメリットです。


om’sは、北海道・沖縄・離島以外に設置されている低圧太陽光システムであれば全国どこでもサービスを受けることが可能です。
一般的な動産保険とは違い、エリアによる料金の差もありません。


om’sは、太陽光システムの維持管理をするために必要なメンテナンスが一本化されています。
保険加入・駆けつけ・モニタリング・修理費用・補償・点検まで、O&Mの総合サービスとしてまとまっています。


om’sは、監視機器設置が標準サービスとなっています。遠隔地にあるシステムでも、スマホ・タブレット・PCにてリアルタイムで発電状況の確認することが可能です。監視機器メーカーならではの技術が駆使されPCSごとの発電状況を確認することも可能になっています。


om’sは、これまで全国4,000ヵ所の太陽光システムに監視機器メーカーとしてソーラーモニターを設置しています。
システムにアラートが出た時にいち早く状況を判断することが可能で「アラート発生時…」「いまいちな発電状況…」 「ふと心配になったとき…」などom’sが最適な判断を行ってくれます。


om’sは、年1回定期目視点検を実施します。webだけではなく、現地に行かないとわからない草の伸び具合やシステムの不具合の有無までチェックしてもらうことができます。


om’sは大手保険会社のバックアップ体制が整っています。太陽光システムにありがちな飛来物によるパネル割れをはじめ、盗難事故・台風・火災・雷・水害にも対応。一般的な動産保険ではあまりみないEM補償も導入しています。
さらに売電補償も完備。保険請求時の窓口はom’sが行う為、ユーザーが煩わしい手続きをする必要もありません。


草刈り・パネル洗浄・ドローンによる赤外線検査が用意されています。

無料資料請求

O'ms
こちらからom’sの詳細内容を確認することが可能です。

無料で資料請求をすることも可能になっています。私のところに昨日送られてきた以下の資料が届くのでom’sメンテナンスパックの詳細やメンテナンスガイドブックなどを完全無料でゲットすることができます。

家から遠い場所に発電所を所有していて、メンテナンスをなかなか自分で行うことができないという方は保険を兼ねて加入するのはありだと思います。
まずはサービス内容の詳細から確認してみてください。

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。