スポンサードリンク

太陽光発電は利回り何%くらいで売れているのか?

今日は私が個人的に疑問に思うことです。
以前に記事でも書いたように部材の価格や設置費用の価格が下がってきているのでまだ太陽光発電にはチャンスがあると思っています。

分譲案件も日々チェックはしていて、タイナビさんとメガ発さんの案件はしっかり見ているのですが本当にこんなの買う人いるの?というような案件もあるのが現実です。

利回りだけ見ていると7%台~12%台まであります。
この利回りの計算の条件も差があるので一概には比較ができないのですが、それでも7%とか8%でも買う人がいるということなのでしょうか?

私はこのサイトで紹介するのは大体は11%以上であとは10%台でものすごく他の条件が良いものだけにしています。
それでも本当に買うかは各種詳細条件を確認しないとなかなか踏み切れないのが現実だとは思います。

実際に利回り何%くらいで売れているのかちょっと興味がありますよね。
タイナビさんやメガ発さんの担当の方とやり取りをする機会があるので以前聞いてみたことがありますが、表面利回りが10%を超えていると結構早く売れてしまうのが現実のようです。

もちろん10%を超えていてもランニングコストが異常に高いとかではだめですし、出力抑制の問題なども関係はしてきますが、基本は10%がボーダーラインのようです。

8%台とかの場合は値下げ交渉があり、9%台後半とかで交渉になるというのもあるようです。

実質利回り10%あれば投資した金額分20年間で儲かることになるのでわかりやすいですが、なかなかそこまでの利回りはなく、実質利回り8%くらいで12,13年で回収できればOKと考える方が多いみたいです。

たしかに残り7~8年が利益になればそこそこ大きな利益になるし、ほぼ確実にその数字を達成してくれるので安心して投資はできるとは思います。

よって、今太陽光発電投資を考えている方は10%であれば検討のテーブルに乗せて問い合わせだけでもしてみてもOKということになるようです。

以下メガ発さんのサイトにも10%超えの案件が多数あるので確認してみてください。

またタイナビさんは以下から無料会員登録することで10%以上の案件など優良案件がメールで紹介してもらえるようになります。まだ会員になっていない方は是非会員登録をしてみてください。
タイナビ発電所

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。