スポンサードリンク

太陽光発電は売電から自家消費へと変わる!?

太陽光発電の事業用・産業用においても「自家消費型」の見積りが非常に増えてきているようです。
その理由としては、FIT価格(固定買取価格)が低価格となり、売電よりも自家消費したほうがお得になってきているからです。

自家消費が売電よりもお得になる最大のポイントは「補助金」です。自家消費型目的で産業用太陽光発電を設置する場合は補助金が活用できます。

「補助金」を活用することで、売電目的と同等の投資回収期間になります。
独立型再生可能エネルギー発電システム等対策費補助金といい、「経費の3分の1」か「kWあたり11万円」の低い方の金額が適用されるようです。

「自家消費型」ですのでシステム導入コストを売電単価の下落の影響を心配することなく、「補助金+自家消費」により回収していうことが可能です。

これについては、産業用でも住宅用でも同様で、今後はどちらも自家発電型にシフトしてくことが予想されます。

これらの住宅用・産業用の自家発電型についても以下から見積もりをすることが可能です。
興味がある方は是非自家発電用の見積りをしてもらってください。
(以下に自家発電型の簡単な説明もあるのでまずは覗いてみてください)

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。