スポンサードリンク

2号機 7月シミュレーション比98% 予想通り最悪の結果に・・・

本日太陽光発電所2号機7月の売電明細が届きました。

梅雨が長引き天気が良い日がほとんどなかったので発電量も少ないことを予想していたのですが、予想通りに過去ダントツで悪い結果となってしまいました。

完全に天候が原因だと思うので今月はしょうがないと割り切って梅雨明け後に晴れが続いてくれることを期待したいと思います。

以下詳細です。

発電量:3,776kWh、売電額:146,810円、シミュレーション比:98%

春~夏に2号機がシミュレーション比100%を切るのは初です。

今回の売電期間に晴れだった日は4日間しかないのでしょうがないですね。。。
雨の日も多かったのでむしろこれだけ発電してよかったと思った方がよいのかもしれません。

以下パネル1kW当たりの1日平均発電量です。

上記グラフを見ていただければわかりますが、2か月連続で過去最低の結果です。
今月は3.12kWw/kWでダントツの最下位になっております。

ちなみにこの3.12kWh/kWは、11月や1月とほぼ同等で冬の時期の発電量なのでかなり少ないことがわかると思います。

それでも太陽光発電はおすすめ

今月はかなり悪い結果になりましたが、それでも14.6万円の売電収入で融資の返済をしてもキャシュフローは十分出ている状態です。

最悪の結果でもキャッシュを産めるということは相当優秀な投資だということを証明していると思います。

まだまだ私は太陽光発電所を追加購入するのを諦めていなく、現在も探しています。
メガ発さんでも引き続き探していますが、最近は先日紹介したメディアテックで案件を探しています。

理由は、メディオテックで新規で紹介される案件は1,2週間でほぼ売り切れとなっているからです。
それだけ質のよい分譲発電所を販売しているという証拠だと考えております。(先日の記事で紹介した案件は全て売り切れです)

以下から資料請求をし、詳細を確認したところ日照条件など立地にはかなりこだわって分譲しているとのことでした。
過去の実績ではシミュレーション値を超える案件がかなり多いとのことでした。
⇒【全案件利回り10%以上】太陽光発電年間販売件数No1のメディオテック

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。