スポンサードリンク

仮想通貨の最大のリスクは販売所???

仮想通貨取引高世界一の販売所バイナンスが金融庁から警告を受けました。
コインチェックがやっと再開したところでまた仮想通貨市場にとってものすごい大きなニュースです。

どこで仮想通貨の売買をするか保有するかも考えないといけない感じですね。
仮想通貨そのもののリスクと販売所(保管)のリスクのダブルのリスクがあるので、今後はそのリスクとリターンの関係が成り立つかをしっかり考えて投資する必要がありそうです。

バイナンスが金融庁から警告

仮想通貨の取引高世界一の販売所 バイナンス(香港)が金融庁から警告を受けました。
しかも日本での営業を辞めなければ刑事告発するというかなり重い内容の警告です。

日本で口座開設している人もかなり多いのですが、最悪日本では売買が全くできなくなってしまいます。
バイナンスの口座で仮想通貨を所有している場合は、今回の警告はかなり注意深く情報をチェックしておく必要がありそうです。

ちなみに私はバイナンスの口座は開設していませんでした。
理由は、メールアドレスだけで本人確認無しで口座が開設できてしまうのでどうなんだろう?というところがあったからです。
日本ではバイナンスでしか買えない仮想通貨もあったので悩みましたが、結果的には口座開設をしないでおいてよかったなぁといった感じです。

仮想通貨は保管方法にリスクあり!

コインチェックのNEM流出問題や今回のバイナンスも問題で、仮想通貨を販売所に保管しておくのはいろいろとリスクがあるということがわかりました。

仮想通貨自体に問題がなくても仮想通貨の売買できなくなってしまうこともあるということです。そうなってしまったら価値はゼロです。
どう保管するかまで考えてから仮想通貨を購入しないと大きな損失を被る可能性があるということがここ3ヶ月で露呈した感じです。

仮想通貨の販売所は銀行とは異なるので保管時の問題に対する補償がないところも多いですし、セキュリティ面も銀行に現金を預けているのと比較したらまだまだ課題は多いです。

どちらかというと最近は、仮想通貨そのものの評価よりも販売所に関する問題の方がリスクが高い感じなので、仮想通貨の保管方法については再考してみてください。

ハードウォレット:レジャーナノSでガチホ!

私は仮想通貨はハードウォレットに保管するというのを決めました。
レジャーナノSに既に送金済みです。

Ledger Nano S (レジャー・ナノS)ビットコイン&イーサリアムハードウェアウォレット【正規品】

新品価格
¥13,980から
(2018/3/23 22:39時点)

レジャーナノSでリップルだけ長期で保管するつもりです。30,000XRPを送金済みです。
リップルだけは将来本当に使われる仮想通貨として大いに期待ができるので長期でガチホします。
⇒リップル(XRP)が将来2万円(1000倍)になると考える明確な根拠
⇒仮想通貨はリップル(XRP)のみ長期保有に決めました!

仮想通貨については、今後生き残る通貨と無価値になる通貨と二極化していくと予想しています。
リスクがあるのもしっかり理解した上で、生き残るであろう通貨をなるべく安全な方法で保管していこうと考えております。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。