スポンサードリンク

電気事業法が改正されて太陽光発電所の事故報告が必須に!

突然以下のタイトルでメールがきました。

「太陽光発電設備の所有者の皆様へ」

どこから配信されたかも書いていないので正直詐欺メールと区別がつかなかったですが、他の方にも届いているのでどうやら正しい情報のようです。

せめて送り主が誰なのかくらいは書くのがマナーだとは思いますが・・・

メール文そのまま書いてみます。

再エネ発電設備の事故が社会的影響を及ぼした事案が発生していることから、電気事業法が改正され、出力10kW以上50kW未満の太陽光発電設備について2021年4月から事故報告が義務化されます。

所有者の方におかれましては、事故発生を知った時から24時間以内に速報を、30日以内に詳細報告を、発電設備の設置場所を管轄する経済産業省産業保安監督部に行う必要があります。

なお、報告を行わない場合、罰則の対象となる可能性があります。

詳細はQ&Aについては以下を参照してみてください。
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/jikohoukoku.html

各都道県の問い合わせ先は以下です。
https://www.meti.go.jp/policy/safety_security/industrial_safety/sangyo/electric/detail/houkokusaki.html

どこまでの事故を報告するかは微妙ですが、とにかくめんどくさいので何にも問題が起こらないことを願いたいと思います。

本日は、メールを読み逃した方のための情報共有でした。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。