スポンサードリンク

外国人入居者に逃げられました・・・

入居していた外国人に逃げられてしまいました。

家賃を払わなかったわけではなく、入居者責任の修繕費用を支払わずに出て行ったまま連絡がつかなくなってしまいました。

まあもうしょうがないということで一部自費で原状回復をすることにしました。

まず最初に、こちらの説明から。

「外国人の方に逃げられました」と書くと外国人全部が悪い感じに受け取る方もいるかと思いますが、そういうわけではなくたまたま入居していた外国人個人がそういう方でしたというだけです。

外国人全てがいい加減ということではないのでその点はご理解ください。ちなみにどこの国の方かもわかっているのですが、それもその国のイメージを悪くすることになるので国名を書くのは控えておきます。

冒頭に記載した通り、家賃を支払わずにいなくなってしまったわけではなく、原状回復費を支払わずにいなくなってしまったということです。

入居期間は短かったのですが独特な使い方をしていたようで修繕個所が結構出てしまったようで、見積りをとってもらったところ15万円弱の費用がかかり、そのうち12万6千円が入居者の完全なる過失(負担額)だそうです。

12万6千円を請求していたのですが、そのまま帰国してしまったようでもうどうすることもできないといった状態です。
1Kのアパートなので敷金0にしていたのでしょうがないといった感じです。

が、ここで管理会社の方が頑張ってくださって、保証会社の保証プランで6万6千円を負担してもらえるということで、私の損失は6万円で済むことになりました。

管理会社の方は、「回収できなくて申し訳ありません」と連絡をくださったのですが、私としては管理会社の信頼がさらに上がったという感じで、こちらこそありがとうございますという気持ちです。

どういうことかというと、管理会社の方は入居者の過失は6万6千円でしたと私に報告してしまうこともできたと思っており、そうすれば形は全て回収できたということになります。

真実をしっかり報告してくれているということがわかったので、その信頼の方が大きくて6万円の損失はどうってことないという感じです。

目先の6万円より、信頼できる専門家の方との人間関係の方が絶対に大切なので個人的には全く損をしたと感じてはいません。

入居者を見つけて家賃が入ってくればすぐに回収できる額なのでノープロブレムです。

この1部屋以外は満室なので影響もほぼないので早めに原状回復して満室に戻ればいいなぁというくらいの出来事でした。。。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。