スポンサードリンク

積み立て投信を利回り20%超のひふみ投信に全額変更しました!

太陽光発電の融資をお願いしている銀行で1万円×5本の投資信託を積み立てていたのですが、それをすべてひふみ投信に変更しました。

先週初めに変更の手続きをしたのですが、その後私が資産運用で参考にしている方もひふみ投信を増やしましたという情報を発信していたので私の判断もいい感じなのかなぁと思ったりしています。
今回はひふみ投信について詳細を記載してみたいと思います。

今までの投信積み立ての成績

今まで積み立て投資していた銘柄は以下になります。
-フィデリティ・グローバル・ハイ・イールド・ファンド
-ピクテ・グローバル・インカム株式ファンド
-ドイチェ・グローバル好配当株式ファンド
-ダイワ・US-REIT・オープン(為替ヘッジなし)
-コア投資戦略ファンド(成長型)

投資期間は約1年半(最初3本で途中で5本に追加しました)で、
元本:750,000円
売却額:789,568円

でした。

1年半で約4万円の利益です。1年半での換算ですが利回り5.3%です。
まあ銀行に預金しておくよりは何十倍何百倍もいい結果ですが、個人的には安定して利回り10%を超える投資を目指したいと思っております。

そんな理由から投信の積立先の変更を1か月以上前から検討していたのですが、いろいろ調べた結果5本(5万円)ともひふみ投信に変更することに決めました。

ひふみ投信ってどんな投資信託?

ひふみ投信は、レオス・キャピタルワークスという資産運用会社が運用している投資信託です。
カリスマファンドマネージャーの藤野英人さんが業界ではとても有名な方で、テレビ番組「カンブリア宮殿」に取り上げられたこともあるので名前を聞いたことがある方も結構いらっしゃるんじゃないでしょうか?
youtubuなどでも動画があるので見て見てください。

まず投資信託には、アクティブファンドとインデックスファンドというのがあるのですが、ひふみ投信はアクティブファンドです。

アクティブファンドとインデックスファンドの違いは、アクティブファンドは市場平均を上回る成果を出すことを目標にするファンドで、インデックスファンド市場平均に連動するように運用するファンドです。

ひふみ投信はバリバリのアクティブファンドなのでここまでの成績は以下になります。

(ひふみ投信月次レポートより)

このグラフをみていただければ一目瞭然ですが、ひふみ投信は過去3年で65%以上の利回りです。単純に1年分に換算すると利回り20%超えていることになります。

その他以下のような各種賞も受賞していおり、各方面で成果が認められています。

ひふみ投信がどのような銘柄を選んでいるか?

ひふみ投信がどのような銘柄を選んでいるかというと、中小型株がメインです。時価総額が300億~3000億円以下の企業をメインに投資しております。

しかもひふみ投信はファンドマネージャーが直接その会社に出向いて成長しそうな会社と判断したところを買うというような手法で銘柄を選んでいます。
その会社を実際に見て聞いて調べ会社の成長に投資するというスタンスです。
環境に依存しないで成長する企業を探すといった感じです。

この株高の中で積み立て先をひふみ投信にしてもいいのか?といった心配もありましたが、上記の銘柄の選び方なので多少の上下はあっても基本的には成長を続ける投信であると判断しております。
10年スパンでじっくり積み立てれば大きな利益が出る可能性がかなり高いです。

ひふみ投信とひふみプラスの違い

ひふみ投信を調べてみると「ひふみ投信」「ひふみプラス」という2種類あるのがわかると思います。
(実際にはひふみ年金もあり3種類です。ひふみ年金は確定居室用の

ひふみ投信とひふみプラスの投資方針や投資銘柄は全く同じです。
違いといえば買い方と手数料についてです。

まず買い方の違いですが、ひふみ投信はこちらから直販で購入することが可能です。
信託報酬が5年以上持つと0.2%還元されて、10年以上持つと0.4%還元されるという特徴があります。
(※信託報酬とは投資信託の管理料のようなものです)

信託報酬:年1.0584%(8%税込)
5年後:年0.8584%(実質0.2%割引)
10年後:年0.6584%(実質0.4%割引)

そもそもアクティブファンドでのこの信託報酬はかなり格安です。

それに対してひふみプラスは、私のように銀行や楽天証券、SBI証券などの証券会社を通して購入する投信になります。長期保有をしても信託報酬の割引がないので普通に買うのであれば今のところ直販の方がお得になるようです。
(私は融資の金利を下げてもらうという目的があったので銀行経由です)

買付手数料0円のノーロードですが、証券会社や銀行によっては、ひふみプラスに購入時手数料を設けているところもあるので銀行や証券会社を通して購入する際は注意してください。

ひふみ投信の積立情報

まずひふみ投信は1万円から購入すことが可能になります。
1万円だけならなんとかできるという方もいると思うので1万円から積立てみるというのもよいと思います。

またひふみ投信の特徴としてもう一つあるのがジュニア口座で0歳から口座を作ることが可能という点です。
満期もないのでお子様名義で長期で投資というのもプランとしてはかなり有効だと思います。時間の投資効果を得られるので月1万円が大きな資金になってくると思います。

ジュニア口座は口座は「くるみ」という名前になっており、以下から口座開設可能なので興味がある方は口座を作ってみてください。
「くるみ」くるんで、守る。ひふみ投信のジュニア口座

普通のひふみ口座も以下から作成可能なので是非1万円からでも初めて見てください。
今私の積立している中では一番低リスクで安心して投資ができるタイプだと思います。
「守りながらふやす」ひふみ投信

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。