スポンサードリンク

不動産管理会社を変更しました!!!

昨日不動産物件の管理会社を変更しました。私の中では非常に大きな決断です。
不動産投資を永続的に成功させるために最良の決断だったと思います。

本日は、どんな理由で管理会社の変更に至ったのか詳細を説明したいと思います。
(元の管理会社の担当の方に不満があったとかではないのでどこの会社かなどの情報はわからないように説明したいと思います。)

今までの不動産管理会社

まずは今までどのように管理をお願いしていたかについてです。

今までは2社の不動産管理会社にお願いをしていました。
1社は大手の不動産屋さんでもう1社は最近設立したばかり(設立一年)の不動産屋さんです。

ここ1年間で購入した物件は、後者の最近設立した不動産屋さんにお願いしていて、それ以外の物件は前者の大手の不動産屋さんにお願いしていました。

管理会社をどう変更したか


今回、アパートは全て最近設立したばかりの不動産屋さんにお願いすることにしました。
(家賃の振込先の関係で戸建も一軒変更しました)

その他の一戸建てについては、今のところは大手の不動産屋さんのままで変更なしにしております。
今回の変更で所有物件の部屋数比でいうと8:2で最近設立した不動産屋さんにお願いすることになったということになります。

不動産管理会社を変更した理由

不動産管理会社を変更した理由についてです。
以下3点が今回管理会社を変更した理由になります。

・新しい不動産管理会社の方の能力がかなり高い
・大手不動産会社ではその会社内でしか入居者募集をしてくれない
・大手不動産会社は家賃の他に毎月2000円以上の費用を入居者に請求している

一つずつ解説します。
『新しい不動産管理会社の方の能力がかなり高い』
新しい不動産会社を立ち上げた方がかなり優秀な方で、今までその方がいたのでほぼ満室経営ができていたといっても過言ではないと思っています。(元々大手の不動産会社で私の物件の担当をしてくださっていた方が昨年独立をして新しい不動産屋さんを立ち上げました。)
その方に物件を預けておけばほぼ間違いないと考えているのが理由の一つ目です。

『大手不動産会社ではその会社内でしか入居者募集をしてくれない』
不動産の入居者募集のやり方は二通りあります。
一つ目は、管理をお願いしている不動産会社のみで入居者の募集をするやり方です。二つ目は、多くの不動産屋さんに情報を出してどの不動産会社からも入居者決めをしてもらえるというやり方です。入居者を決めた不動産屋さんが仲介手数料をもらえるので仲介手数料でも確実に利益を得たいという会社は前者のやり方になります。

元々管理をお願いしていた不動産屋さんは大手なので前者のやり方を採用しています。大手なので知名度はあり、その会社内でもある程度はお客さんは来ますが、やはり幅広く募集してくれる不動産屋さんの方が入居者は早く決まると考えたのが理由の二つ目です。

『大手不動産会社は家賃の他に毎月2000円以上の費用を入居者に請求している』
大手の不動産屋さんは家賃の他にサポート費用として入居者に毎月2,000円強の費用を請求しています。
これは、入居者さん視点で考えると家賃が2,000円以上高いのと同じです。
家賃が高めの東京などではそんなに大きな影響ではないのかもしれませんが、地方の物件は家賃が安いので影響大です。
入居率を維持するためには、その分家賃を下げるしかなくなってしまうので経営に大きな影響がでてしまうというのが理由の三つ目です。

今回は今まで管理を担当してくれていた担当者に不満があったわけではないので、かなり言いづらい面もありましたが、今後の経営のことも考えて変更という判断に至りました。

不動産投資を成功させるためには管理会社さんの協力は不可欠

不動産投資を成功させるために不可欠なのは以下の2点だと思っています。

・優良な物件を紹介してくれる不動産屋さんがいる
・入居者を決めてくれる管理会社がいる

良い物件を探すよりも優秀で協力をしてもらえる”人”を探す方が成功には確実に近づくと思います。
これから不動産投資を始めたいという方は優良な物件を探すのと並行して優秀な不動産屋さんも探してみてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。