スポンサードリンク

【メガ発コラム】信販会社ってどんなところ?ソーラーローンのすごさ

久々にメガ発さんのコラム記事の紹介です。

サムライ大家さんが信販会社のついてのコラムを書いており、なるほどと思うことが多かったので紹介したいと思います。
メガ発さんの会員の方はコラム記事を是非読んでみてください。こちらでは概要と私の所感も加えて記載します。

分譲太陽光発電案件を見ていると「信販会社でローン可能」というような記載がされていることが結構あります。

「信販会社」ってなんだろう?と思う方も多いんじゃないでしょうか?
ソーラーを受け付けている信販会社も多く、分譲太陽光発電を買うのに信販会社を使ったという方も結構いると思います。

信販会社とは俗にノンバンクと言われる分野に入り、支払いの建て替えをしてくれる会社ととらえておけばOKです。

信販会社は年収に応じて融資額の上限が変動しますが、原則は固定金利(2.1%~2.5%程度)で15年間借りることができます
驚きなのが担保が不要な点です。(担保が必要な信販会社も一部あります)

さらに審査の期間が銀行系よりはかなり短いです。

これらのメリットを上手く活用すると太陽光発電所を購入するのに、固定金利2.5%で1000万~2000万円借入することが可能になっちゃうんです。しかも担保なしです。

これはかなりすごいことです。
銀行系や最近ソーラー融資はかなり渋ってますし確実に担保が必要になります。

担保なしで借りることができると、比較的容易に法人化することも可能になってきまし、何より良い案件を短い機会で購入できるか(融資が出るか)の

たしかに銀行系の融資より0.3~1.0%程度金利が高くなることがほとんどですが、それを承知してでも無担保で借りられるならそちらの方が有利だと思います。

信販会社についてよくわからなくて敬遠していた方もいるかもしれませんが、低めのローンで無担保で借りられるのであれば全然ありだと個人的には思います。

今回のコラムはなかなか参考になりました。
このようなコラムの情報がメガ発さんの無料会員だとメールでも配信されてきます。

まだメガ発さんの会員になっていない方は(ほとんどいないと思いますが)完全無料で会員になることが可能で勧誘などはなく、各種優良情報がメールで配信されてくるだけなので是非この機会に登録してみてください。

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。