スポンサードリンク

NAFTA アメリカ、カナダ、メキシコの3ヵ国合意!

昨日の記事でも少し触れましたが、10月1日の大きなニュースとしてNAFTA(北米自由貿易協定)がやっと3ヵ国間で合意となりました。
これで現在私が積み立てしているメキシコペソには良い影響が出てくることが間違いなしです。

NAFTAの合意についての今後のメキシコペソの動向についてを紹介いしたいと思います。

トランプ大統領が立候補を表明した2016年以降ずっとNAFTAの内容が標的とされてきましたが、アメリカ時間の9月30日の深夜にやっとカナダとアメリカが合意に至りました。

アメリカとメキシコは既に2ヵ国間で合意に至っていたのでこれでやっと3ヵ国間での妥結となります。

内容については、特に自動車関係や酪農関係はアメリカにとって有利な内容での妥結となりましたが、それでも世界最大の消費国アメリカと貿易協定を結べたことはメキシコやカナダにとっては大きな意味があると思っております。

メキシコペソはどうなる???

メキシコペソに投資している方はNAFTAの動向よりメキシコペソがどうなっていくのかの方が気になると思います。

以下にNAFTA合意を受けた結果メキシコペソがどうなっていくかについて私見を述べたいと思います。

その前にまずはメキシコペソの直近のチャートです。

NAFTAが合意したと報じられた直後は1メキシコペソ=6.15を超える水準まで値上がりしました。
その後少し戻して現在は、6.08くらいで推移しています。

ここ3か月の高値を抜けており、今後も値上がりする期待は大きいです。
短期的には、5.8~6.3円の間で推移すると予想しています。

スワップポイントをコツコツ貯めていく積立投資をしているので、私の場合は短期に値動きより中長期の値動きが非常に気になります。

個人的な予想では5年以内に1メキシコペソ=8円くらいまでは値上がりしていくと予想しています。

何度もメキシコの経済については記事にしているのですが、以下のようなプラス要因がNAFTAの合意によりさらに活かされていくと考えております。
アメリカの隣でアメリカと貿易協定を結んでいるというだけでもかなりの経済メリットなのでよほどのことがなければ、経済が下降していくということは無いと思っております。

・2020年にGDP世界5位の予想
・人口が増え続ける
・アメリカの経済発展と一緒に成長する
・世界6位の産油国である
・失業率、インフレ率が低い

資源が豊富で労働人口が増えていって、世界最大の消費国が隣にあるという状況なのでほぼ確実に経済成長をしていくと考えております。

以下の記事でも紹介しているようにFXプライムbyGMOがスワップポイントを1日16円にしたので、一切値上がりがしなかったとしてもこのままの水準であれば利回りは29%超えとなるのでかなり安定した投資だと考えております。
(経済成長することが大前提でそれにプラスしてスワップも高いというのが安定している条件です)
⇒メキシコペソ積立投資 スワップポイント値上がりで利回り29.2%にUP!

FXプライムbyGMO[トルコリラ]FXプライムbyGMO[トルコリラ]

毎月2万円から始めることはできるのでお小遣いを少し投資に回してメキシコペソを積み立てていくと5年後にはびっくりするくらいの金額になっている可能性がかなり高いと思っております。

昨日のリップルのニュースといいここにきて投資がかなり期待できる状況になってきました。
皆様も是非小額からでも投資を初めてみてください!

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。