スポンサードリンク

利回り11%超 ランニングコストが安い太陽光発電所

太陽光発電が好調です。

世界的な大恐慌を前に発電量が安定しているので収入が多少減っても安心です。

今回はそんな太陽光発電でランニングコストがかなりお安く済みそうな利回り11%超え案件を紹介したいと思います。

【利回り11%超 低ランニングコスト案件】
販売場所:三重県伊賀市
販売価格:1,514万円(税込)
販売電単価:14円(税抜)
土地契約形態:賃貸(年間8万円)
想定利回り:11.61%
パネルメーカー:Jinko solar(ジンコソーラー)
パネル容量:108.54kW
パワコン:オムロン
年間想定発電量:114,192kwh
年間想定売電額:1,758,556円
※フェンス代、遠隔監視、保険、標識代込み

地代が年間8万円と格安でメンテナンスもセットになっている案件ではないので自分で行うことも可能なようです。

表面利回りが11.61%でこれだけランニングコストが安く済めば実質利回りも10%目指せる可能性も十分ありそうです。

これは今まで紹介した中でもかなりいいんじゃないでしょうか???早速資料請求してみました。
以下から資料請求可能です。

太陽光発電投資が再評価されています。不況の時にはかなり条件のよい投資先になるのがわかっているからだと思います。
太陽光発電に興味がある方はまずは以下からメガ発さんの無料会員になってみてください。しつこい勧誘などは一切ありません。

以下の動画もご覧ください。

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。