スポンサードリンク

大雪ですが太陽光発電所は大丈夫???

4年ぶりに東京に大雪警報が出ており、関東・信越地方は大雪です。
大雪に関する質問を早速いただいたので本日の記事で回答したいと思います。

質問は以下です。
「大雪で太陽光発電が壊れて(つぶれて)しまうことはないんですか?壊れてしまったらどうなるんですか?」

大雪で壊れてしまうことはないのか?という質問の回答は「あります」となります。
上記の写真のように雪の重みに耐えられず架台ごとパネルがつぶれてしまうことがあります。

これは設置の際の架台の強度をどれくらいにするかで決まってしまいます。
単管パイプで簡単に設置しただけの発電所は危ないと思います。(単管パイプでもしっかり強度がある架台もありますが)

壊れてしまう可能性があるなら、早く現地に見に行かないいけないのでは?と思う方もいると思いますがさすがにこの雪の中発電所に行くことはしません。

壊れてしまっている可能性もあるのですが、その時はその時なので数日経ってから確認に行くだけです。
というのも、保険があるので最悪壊れていても全て補償されるんです。

もちろん加入している保険にもよりますが、私が加入している保険は、雪で壊れてしまった場合の原状回復費用と壊れてしまった間に本来発電するはずだった金額が補償されます。

太陽光発電のすごいところは、保険でほとんどのリスクをカバーできる点です。
故障(自然災害・偶発的な事故)、盗難、故障・盗難により売電損失など全て補償の対象なのでほとんどリスクがありません。
私は加入していませんが、日照量の低下による売電額の減少に対する保険もあります。

20年間の買い取り額が決まっていて、保険でほとんどのリスクがカバーされているので、かなり安定した投資商品となります。
私はいろいろな投資を実践していますが、この安定感は他の投資商品ではありえません。

このような背景があるので、私も何とかして太陽光発電所をもう一基増やしたいと考えています。
安定して収益を得られる投資商品を持っていれば他の投資でリスクを取ることも可能になり、ポートフォリオの形成の幅が広がります。

まだまだ太陽光発電は人気があるようで、先日このサイトで紹介した利回り13.6%の会員限定の長野県の案件はすぐに売れてしまったようで既に情報がメガ発さんのサイトからなくなっていました。

良い案件は判断を早くしないと入手できなくなってしまう状況にあるようです。
メガ発さんでは優良案件は会員限定になることが多いので太陽光発電に興味がある方は事前に会員になっておくことをおすすめします。

完全無料で勧誘なども一切ありませんし、会員になると無料で「太陽光発電投資の基礎知識」にe-bookがダウンロード可能になります。

早く雪が止んでくれることを願いたいと思います。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。