スポンサードリンク

産業用太陽光発電事業の保険を更新しました!

昨日太陽光発電所(1号基、2号基共に)の保険の更新を行いました。
今回更新したのは売電補償(休業補償)と損害倍書の保険です。

自分が加入している保険について理解が間違えていた部分が少しあったのでしっかり整理しておきたいと思います。
これから保険に加入するもしくは更新するという方は参考にしてみてください。

現在加入している太陽光発電事業の保険

まず現在私が加入している太陽光発電事業の保険について説明します。
私自身もきちんと理解できていなかったのですが3つに分けて保険に加入していたようです。

・企業総合保険(損害保険)
・店舗休業保険
・賠償責任保険

『企業総合保険』

契約期間:5年
保険料:103,280円(1号機)、89,100円(2号機)

保険料は一年当たりだと18,000円~20,000円と格安です。
この保険で火災、水災、風災、雪災、盗難、その他突発的な事故で発電所に損害が出た場合に保険金が支払われます。

『店舗休業保険』
契約期間:3年
保険料:5,000円

保険料は一年当たりだと1700円くらいでこちらも格安です。
この保険は、売電補償保険のことで一日当たり最高10,000円まで補償されます。故障や事故が発生しなければ計上することができた売電額を一日10,000円まで補償してくれるという保険です。

『賠償責任保険』
契約期間:1年
保険料:1,000円

この保険は、太陽光発電の運営で他人に損害を与えてしまった時に保険金を支払ってくれるという保険です。
例えばパネルが風邪で吹き飛んで人や物に損害を与えてしったという場合に最高1億円まで補償してくれるという内容になります。

今回更新した保険

今回更新したのは、1号基、2号基両方の店舗休業保険と賠償責任保険です。
保険料は合計で12,000円となります。

企業総合保険は契約期間があと1年残っているので来年更新になります。
これら3つの保険を全て合わせても1年当たりの保険料は21,000円~23,000円なのでかなり格安だと思います。

これでほとんど全ての災害が補償されて売電補償もついているのほとんどノーリスクで運営ができていることになります。

太陽光発電所圧倒的に多いのが盗難ですが、盗難が保険でカバーされていないことが多いようです。
現在ご加入の保険の内容を一度整理して、保証の対象範囲で保険料を整理してみるとよいと思います。

om’sのメンテンナンスパックで保険加入を検討

om’sのメンテナンスパックは、損害保険と売電補償の保険とメンテナンスがセットになって月8800円~のパック商品です。
以下のサービスが全てついて月8,800円なので遠隔地で運営している人にはなかなかおすすめだと思います。

・定期点検
・緊急時駆けつけ
・モニタリングサービス
・故障時工賃無料サービス
・自然災害/盗難保険(電気的・機械的故障の補償も含む)
・売電補償

以下から無料で詳細資料の請求ができるので保険としてom’sのメンテナンスパックを検討したいという方も資料請求をしてみてください。
O'ms

※太陽光発電所を運営するのに保険の加入は必須事項だと思います。補償範囲が十分でないと予想外の災害時に大きな金額が自費で出さないといけなくなる可能性があります。損害保険、売電補償、賠償責任保険全て重要だと思うので確実に保険に加入するすることをおすすめします。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。