スポンサードリンク

太陽光発電パネルの設置角度の違いで発電量はどれくらい変わる?

メガ発さんのコラムでとても興味深い情報を見つけました。

詳細はコラムを読んでいただきたいですが、一部引用して内容を解説したいと思います。

「太陽光発電パネルの設置角度の違いで発電量はどれくらい変わる?」という情報です。

メガ発さんのTomatosoupさんのコラムで設置角度10度と20度の発電量の差をモニターした結果が説明されていました。

20度で設置した方が平均して2%~3%発電量が毎年多いことがわかったそうです。

ここからがポイントです!

2%~3%しか発電量が変わらないのであれば私は10度を選ぶと思います。

理由は、角度10度の方が同じ面積で設置できるパネルの量が全然多いからです。

面接当たりの効率が10度の方がかなりよいので発電量2%~3%の差であれば圧倒的に10度の方がお得ということになりそうです。

いろいろデータが出てくるとデータに基づいた判断ができていいですね。
今回の結論は以下ということになります。

・全く同じ価格で同じパネル容量の発電所が販売されている場合はパネルの設置角度が大きい方がお得
・土地を所有している方で同じ面積に発電所を設営する場合は20度で設置するより10度で設置する方がお得

メガ発さんのコラムではこのような実データに基づいた情報も多く掲載されています。
既に無料会員になっている方は是非コラムも除いてみてください。

まだ会員になっていない方は、以下から会員登録をして各種情報やデータを入手してみてください。
完全無料でしつこい勧誘などもないので安心です。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。