スポンサードリンク

太陽光発電パネルを清掃したい!どうやるか?!

太陽光発電パネルがあまりに汚れているのでさすがに清掃した方がいいんじゃないかと思ってきました。

自分でブラシでこするというのは何度かやったことがあるので表面だけこすっている状態でほぼ効果なしでした。

他にどんな方法があるか調べてみたので紹介したいと思います。

いい方法が他にあれば是非情報をください!

まずはパネルの現在の状況です。
さすがに6年弱経ったのでかなり汚いです・・・・

これで発電効率を落としていないわけはないと思うのでなんとか掃除をしたいと思っています。

自分で何度か掃除を行ったこともあるのですが、1週間も経つと元に戻っているので表面だけこすってもあんまり意味がないようです。

いろいろ調べると以下の方法で清掃することができるようです。この中から検討をしてみようと思っています。

【専門の業者に頼む】
太陽光パネルの洗浄・掃除は、基本的に専門業者に頼んだ方がいいと思います。

私のように自分で掃除・洗浄することも可能ですが、太陽光パネルの表面を傷つけてしまったり、掃除がきちんとできていなかったりするので自分でやるのはおすすめではないです。

専門業者に太陽光パネルの清掃を依頼する場合ですが、主な洗浄方法の種類には以下の2つが存在します。

『洗浄機器での洗浄』
高圧洗浄機の水圧でブラシを回転させたもので、太陽光パネルの表面をブラシが洗浄していく方法です。
子供でも持てる小型なものから大型なものまであるので、大規模な発電所でも低圧などの小型発電所でも対応が可能です。

「手作業よりも早い」、「手作業よりきれいになる」といったメリットがある一方「コストがかかる」「水が必要になる」といったデメリットがあります。

『マイクロファイバーモップを使った手作業による洗浄』
マイクロファイバーモップを使用した手作業による洗浄方法です。

手作業による洗浄は、洗浄機器を使用した掃除方法に比べて「時間がかかる」や「人手がかかるので費用が高い」といったデメリットがあります。

一方「住宅用や低圧の産業用太陽光発電には向いている」というメリットもあり、小型発電所の場合は洗浄機器を使用した場合より清掃コストを抑えることができます。

【清掃用ロボット】
上記の二つ以外でも清掃用ロボットによる清掃もあります。

ただし、清掃用ロボットで清掃するのは大規模発電所となり、住宅用や低圧用発電所には向いていません。

高圧発電所を所有している方はロボットでの清掃も選択肢の一つになると思います。

【太陽光発電パネルの洗浄にかかる費用】
太陽光発電パネルの洗浄を業者に依頼した場合にかかる費用は、「基本料金5万円+パネル1枚につき数百円~」といった形で設定されているところが多いです。

基本料金やパネル1枚あたりの洗浄費用は業者によって異なりますので一概には言えませんが。低圧の場合は10万円前後で清掃を依頼できるということになります。

一番大事なのは費用対効果

ここまで太陽光パネルの清掃方法について説明してきましたが、実際に清掃するかの判断で一番大事なのは費用対効果です。

清掃することでどれくらい発電ロスを抑えられるか(回復するか)がポイントになります。

この辺りは各発電所の状況によって異なると思うので、業者に相談してみるしかないと思います。

O'ms

こちらのom’sのメンテナンスサービスであれば60000円/回でパネル清掃をお願いすることができるようです。

各種メンテナンスと合わせて対応を検討をしたいという方は、メンテナンスガイドブックの入手やパネル清掃の詳細を知りたいという方は上記から無料資料請求をしてみてください。

私も上記業者と設置業者に問い合わせをしてみようと思っております。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。