スポンサードリンク

新興国の不動産クラウドファンディング情報

不動産クラウドファンディング情報です。

新興国の不動産クラウドファンディングで利回りが8%で運用可能という情報が出ています。

今回はまずは情報ということでお知らせしたいと思います。

このあと私は会員登録までは行う予定です。

TECROWD

今回はまずは情報配信ですが、以前このサイトでも紹介した「みんなで大家さん」の新興国不動産バージョンという位置づけでちょっと前から見ていた「TECROWD(テクラウド)」という商品です。

みんなで大家さんが利回り7%なのに対してこちらのテクラウドは利回り8%と若干利回りが高くなっています。

以下公式サイトからの情報です。

【不動産クラウドファンディングとは】
複数の投資家から出資を受けた金銭により不動産を取得し、運用期間中の賃料収入や売却時の利益を分配する仕組みです。
TECROWDは不動産特定共同事業法(国土交通省管轄)に基づき、投資家の皆様に安心してご利用いただける透明性の確保されたサービスを目指しております。

【新興国の不動産投資とは】
経済発展の著しい新興国における不動産投資は、日本と比べて高いリターンが期待できることが特徴です。
TECROWDでは、海外の中でも新興国に特化した不動産を扱っており、なおかつ掲載するのは関連企業が管理する不動産のみであるため、安心して始めていただけます。

【日本の建設会社が品質を管理】
TECROWDが投資家の皆様にご紹介するのは、すべて日本の建設会社であるTECRAが工程・品質の管理・監督に責任を持つ不動産のみです。
海外の不動産と言えども、日本の高いコンストラクションマネジメント技術が生かされた信頼できる不動産のみをご紹介しています。

【安心して運用できるための取り組み】

【現在募集中のファンド】

【今後の私の方針】
当然ですがこのサイトからの情報だけで投資対象かの判断はできません。

情報収集してみたり調べてみたりする価値はありと判断しています。

以下からまずは無料会員登録をしてさらに詳細な情報をゲットしてみようと思っております。
TECROWD

興味がある方はまずは情報収集からしてみてください。

詳細がわかってきたら改めて記事にしようと思っております。

新興国の不動産が伸びるのは過去の事例でも明らかなので信頼できる投資先であれば8%の運用は本来余裕でクリアできる数字で投資する価値はある可能性が十分あると思っております。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。