スポンサードリンク

2号機10月シミュレーション比124% う~ん・・・って感じです

太陽光発電所2号機10月の売電明細が届きました。

台風19号が日本上陸したりと相変わらず天気が安定していない月となりました。

その割には10月単月はまあまあの結果だったとは思います。

しかし、2019年のここまでの累計はダントツの最低をキープしちゃっています。

以下詳細を紹介します。

売電量:4,030kWh、売電額:156,686円、シミュレーション比:124%

シミュレーション比だけ見るとまあまあの結果です。

パネル1kW当たりの1日平均発電量は以下になります。

3.12kWh/kWです。

まあ最低の結果ではないけど良い結果でもないといった感じです。

ここまでの累計売電額は、1,854,000円です。
過去最高の10月までの累計発電量が1,940,000円なので86,000円ほど差が出ています。

こも86,000円をどう捉えるかは人によって異なると思いますが、今年は過去最も天候が悪いというのは間違いないと思います。(売電を開始してからの5年間で)

天候が悪くても185万円稼いでくれているので安定感はあると言えるとは思います。

この後の天気予報ではお天気マークが続くので挽回してくれること期待したいです。

『太陽光発電事業者必須情報』
⇒メガ発コラム&会員向け情報!
⇒メガ発さんe-book「太陽光発電投資の基礎知識」2019年度版

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。