スポンサードリンク

350万円の一戸建ての内覧してきました!なかなかいいんじゃないか?!

昨日の夜、夜ご飯を食べてお風呂も入ってから息子と二人で実家に帰って、本日350万円の隣の家の内覧をしてきました。

350万円だったらありだなぁという内容でした。
1点だけ気になる点はあったのですが、全体的にはよかったので写真を中心に説明したいと思います。

良かった点

『キッチン』

キッチンは新しいものに交換したばかりのようでそのまま使えそうでした。
さらにDKは壁紙も床も張り替えたばかりのようでこちらもなにも直さないでOKそうです。

さらに食器棚もほぼ新品で設置されていたのでこれもそのまま使うことができそうです。

『トイレ』

トイレも便座は新品で壁紙や床もきれいになっていたのでそのままで問題なしでした。

『お風呂』

お風呂は風呂釜は少し前に交換したみたいなのでそのまま使用できますが、洗い場の床がカビてしまっていたのでここだけ上から何か貼る必要がありそうです。
追い炊き機能も付いているのでお風呂も大きな修繕は無しで使うことができそうです。

『洗濯機置き場』

洗濯機置き場は増設した場所にありましたが、ここも結構きれいなのでそのまま利用することができそうです。

『エアコン』

エアコンも付けたばかりでしょというくらいきれいなものが全部で3箇所についていました。
取り付けとなるとそこそこお金がかかるので3台新品に近いものがついていたのはよかったです。

『良いところまとめ』
水回り+エアコンはそのまま使用することができそうで、お金が一番かかりそうな箇所の修理はしないで良さそうでした。
想像以上にきれいな状態だったので、これは本当に良かった点でした。

想像通りの点

まずはリビングや2階の部屋の壁紙です。
塗り壁のようなのでここは想定内で全て壁紙を張り替える必要があります。

古い家なのでほとんどが和室です。
畳は当然ボロボロなのでこれは畳の張替えかCFを張って洋室に変更する必要がありそうです。

カーテンレールや扉の抑えなど細かい場所はやはり直す必要がありそうです。

窓も一部壊れてしまっている個所があったのでこちらも交換しないといけない箇所がありそうです。

想像より少しひどかった点

まずはべランドを支えてる柱が一本腐っている状態でした。
これは安全上も問題があるので最低限の修繕はマストになりそうです。

続いてこのベランダの真下(1階の部屋)に雨漏りの痕跡があった点です。
予想ではベランダの腐ってしまった部分から雨漏りになっているのでないかと思います。
これも最低限は修繕しないとまずそうです。

もう一つが2階の雨戸を格納する部分も腐ってしまっていてこのままでは危ないので最低限の修繕をする必要がありそうです。

想像よりひどかった点があるだろうというのも想定内といえば想定内なのでまあ全体的にはOKと判断しています。

結局買うことにしました

こんな状況でしたが、350万円で購入することにしました。(上手く交渉して大幅な値下げを実現できました!)
水回りは問題ないので安全上の修繕と最低限の修繕だけ70万円以内でなんとかおこなって5.5万円くらいで客付けをしようと思います。

最悪実家の隣なので敷地を広くしたと考えてもOKなので350万円であればキャシュで購入してしまおうと思っております。
このサイトで近況を詳しく解説していこうと思うので今後もちょいちょい覗いてみてください。

⇒不動産投資の超実践的教材 「優良物件を手に入れる方法」を紹介!

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。