スポンサードリンク

新型コロナウイルスが不動産投資に与える影響!

新型コロナウイルスでいろいろな投資に大きな影響が出ています。

このサイトでもいろいろ記載してきましたが、私の投資のメインの不動産投資についてここまで記載していなかったので、今回は新型コロナウイルスが不動産投資に与える影響について記載してみたいと思います。

不動産投資のコロナ影響を考える場合は、「事業用(店舗・事務所)不動産投資」「住居用不動産投資」を分けて考える必要があります。

【事業用(店舗・事務所)不動産投資】
事業用の不動産投資はかなり厳しい状況にあります。

報道の通りで、飲食店・居酒屋・アパレルはほとんど売り上げが無い状況で、家賃を払えないというところが多くなっています。

お店を閉めて退去するところも増えており、これから新しい入居者を探すのもかなり大変な状況です。

事業用の不動産投資は今後数年はかなり厳しい状況が続くと予想しています。

【住居用不動産投資】
衣食住の食と住については、コロナで外出を控えるようになっても必要なことなので、家賃が下がることはほとんどありません。

むしろ在宅ワークの方が多くなったので住まいにいる時間が長くなっている状況です。

問題は今後失業率が大きくあがった場合で、家賃を払えない人が出てくる可能性はあります。(保証会社に入っていればある程度は安心ですが)

あとは転勤や引っ越しは控える傾向にあるので、今空室の物件は次の入居者を見つけるのは難しいかもしれません。

今後は物件の差別化が進み、特徴のない物件は空室リスクがどんどん進んでくると思います。

【物件価格は下がる】
物件価格は確実に下がってくると思います。

賃料の値下がりより物件価格の値下がりの方が進むと思います。

安く物件を買うことができれば既存の物件より安い家賃にすることができ、家賃で差別化をはかることが可能になります。

不動産投資は確実にチャンスが来ると思うので焦らずにしっかり情報収集をしていくのがよいと思います。

お陰様で私は現状全て満室状態なので、逆になかなか退去もないんじゃないかと思っています。

良い状態を維持しながらチャンスを掴めるように準備をしていこうと思います!

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。