スポンサードリンク

株式投資で資産形成を目指すのはありか?

最近日経平均も大幅に上がっており、株ってどうなのよ?と思う方も多いと思います。

全ての銘柄が良いとは思いませんが、しっかり銘柄を選べば大きな資産を形成できる可能性は十分あります。

もちろん元本割れをするリスクもあるので注意は必要ですが、ある程度はリスクを回避することが可能な投資だと思っています。

700000倍!これ何の数字だかわかりますか?

アメリカの株に1801年から投資していたら何倍になっていたかという数字です。

ちなみにこれは1980年からのダウ平均のチャートです。

基本的には右肩上です。

こんな状況なのでアメリカ人は金融資産の35%以上が株式投資になっています。
日本人は10%程度なのでまだまだ株式投資をする人は少ないですね~

日経平均の値上がり率はダウと比べるとかなり小さいのでそれが理由かもしれません。

結構長期で考えると株式投資は資産形成には有効ということは言えるんじゃないかと思います。

これは私の現在の口座情報です。

一番下のタツモだけは、順張りにチャレンジして含み損になっていますが、それ以外はしっかり含み益になっております。

一気に大きな利益にはなりませんが、コツコツ資産を増やしていくことはしっかり勉強をすれば可能だと思っています。

ちなみにタツモが少し上がって売れたら買うかもしれないと思っている厳選銘柄を1つだけ紹介しておきます。(ちなみにもう一つ買いたい銘柄があってそちらは現在調査中です)

西尾レントオール(9699)です。

PERが10倍以下でPBRが1倍以下となっておりかなり割安な銘柄です。
建機のレンタル業が主なのでストックビジネスに該当すると思います。

売り上げ利益も毎年最高を更新しており、ROE10%以上で配当利回りも2%以上あるので、どこをとっても割安感があります。

まだ割安圏で出遅れ感があるので次にこの銘柄を購入できればと思っております。

だからと言っていきなり100株買うと30万円弱の費用が必要になるので、まずは低資金から株式投資をはじめて見たいという方は以下を参照して1株から購入してみるのも良い勉強になると思います。

低予算で1株から株投資を始めよう

株を勉強するのは、いろいろ調べて実際に投資をするのが一番ですが、何十万円もを最初から投資するのはさすがにリスクがあるのでまずは低資金で始めるのをお勧めします。

下記で詳しく記載していますが、1株からでも株を購入することができるようになったので興味がある方は参照してみてください。

『1株から株式投資を始めたい方におすすめ』
私は現在SBI証券を使って株式投資を行っています。

SBIグループでSBIネオモバイル証券という証券会社があり、まずは試しに小額から株式投資をはじめてみたいという方には結構おすすめです。
私も別用途で口座開設しています。

いろいろ特徴があるのですが、以下二つが特に私がよいなぁと思う特徴です。

『Tポイントで株の購入が可能』

投資というと資金を十分に準備して慎重に銘柄を選んで…と初心者にはなかなか手が出しづらいものというイメージがあると思います。

しかし、SBIネオモバイル証券では自身が保有しているTポイントで株の購入が行えます!

普段の何気ない買い物で貯まっていたTポイントで実際に投資が行えるのはSBIネオモバイル証券の一番の特色です。

また、Tポイントを使って購入した株を売却すれば、間接的にTポイントを現金化できるのでTポイントを現金に換えたいという方にもおすすめです。

『1株から株が買える』

日本株の売買は基本的に100株単位に統一されています。
そのため株価が500円の銘柄を購入しようとすると、500円×100株=50,000円と、購入総額が数万円単位になってしまいます。

有名企業のなかには株価が1,000円を超えるものもあり、100株単位での売買では数十万円が必要になります。
最初から数十万円はなかなか投資できないという方も多いですよね。

その点SBIネオモバイル証券では1株から株式の購入が行えるので、数百円から株式投資を行うことが可能です。
ちょっとしたお釣り感覚の金額で株主になれるので勉強を兼ねた実践を行うのにとても便利です。

ウォーレンバフェットさんの名言

株式投資を始めようと思っている方に私が参考にしている株式投資の神ウォーレンバフェットさんの名言をお伝えしておこうと思います。
(これを守ることが最も重要だと個人的には思っています。)

ルール1:お金を失わない
ルール2:ルール1を忘れない
ルール3:借金をしない

(出典:カリスマ投資家の教え)

あえて解説はしませんが、なんとなく何がいいたいかはわかっていただけると思います。
10倍銘柄を探すのではなく無理せず堅実にいきましょう!

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。