スポンサードリンク

個別銘柄積立投資の最終銘柄を決定!!!

新型コロナの第二波にも備えた投資として「個別銘柄積立投資」を実施していますということを何度か紹介してきましまた。

ここまで「ロゼッタ(6182)」と「花王(4452)」を積立していることはお知らせしておりますが、今回は最終の三つ目の銘柄を決定したので紹介したいと思います。

まずは「個別銘柄積立投資」についてです。

⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!パート1
詳細は上記記事に書いてあるので参照いただきたいですが、ざっくり述べるとドルコスト平均法を活用してメンタルストレスなしで行う個別株の積立投資です。

月5千円からでも積立可能で代表的な銘柄に積立していれば、1.5倍は当たり前で5倍近くになる銘柄もたくさんあります。損する可能性も普通の株式投資と比べると大幅に低く初心者でも始めやすい投資手法です。

私は投資で得た資金の中から毎月10万円を個別銘柄の積立にまわし、前回の記事でそのうちの半分(5万円)は「ロゼッタ(6182)」に2万5千円は「花王(4452))」に積み立てることにしたということは以前の記事で紹介しました。
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!パート2
⇒個別銘柄積立投資の2つ目の銘柄の決定!!!

最後の2万5千円を積み立てる三つ目の銘柄も決めました!

個別銘柄積立投資最後の一つはこの銘柄!

最後の銘柄は5Gで主役銘柄の「アンリツ(6754)」です。
5G銘柄といえば「アンリツ」と言われている銘柄なのでご存知の方も多いと思います。

通信計測器を手掛ける会社で早い段階から5G分野の研究に取り組み、5G向けの計測器需要は長期的に取り込むことが可能との見方が強く、長期的に成長することが見込まれています。

過去10年のチャートですが基本的には右肩上がりで長期で考えて成長が維持できそうだと判断しました。

株価:2,435円
PER:26倍
PBR:4.7倍
配当利回り:1.27%
ROE:18.3%
自己資本比率:67.8%

※2020/7/17のデータ

財務指標的にも安泰で5Gはもちろんで将来的に6Gとなったとしても成長していける会社だと思うので結構悩んだのですが、アンリツに最終決定しました。

ちなみに最後まで悩んだのが、「マクアケ」です。
マクアケもかなり期待大なのですが、より確実(安全)なアンリツの方を選びました。

初心者の方でも真似しやすいのは「アンリツ」だとは思います。

個別株積立を行う証券会社はSBIネオモバイル証券の一択

以前の記事でも紹介していますが、もう一度「個別銘柄積立投資」を行う証券会社についても記載しておきます。

このサイトでも再三紹介してきておりますが、一番のおすすめはSBIネオモバイル証券です。

投信やロボアドバイザーを積立で投資できる証券会社は多いのですが、個別株の積立ができる証券会社はまだまだ少ないです。

最近はいくつかの証券会社が対応初めているのですが、以下の理由でSBIネオモバイル証券がダントツおすすめだと考えています。

①国内で上場している銘柄についてはほぼ全てで定期買い付けが可能である
②手数料が実質月20円である
③SBIグループなので信頼度が高い

この3つの理由から個別株積立を行う場合は、SBIネオモバイル証券が最適であると判断しました。

それぞれをもう少し解説します。

対象銘柄は、現物取引(東証・名証・福証・札証上場銘柄)、国内ETF(国内上場投資信託)、REIT(不動産投資信託)の銘柄すべてです。国内で上場している銘柄は全てカバーしていると考えてOKです。

手数料月額制で以下になります。

毎月50万円以上積立を出来る人はなかなかいないので基本は220円/月(税込)です。
220円???と思うと思いますが、SBIネオモバイル証券はTポイントと提携しており、毎月200円分のTポイントをもらうことができます。

そのTポイントは次回の積立で利用することができるので実質は20円分だけ毎月手数料を払うことになります。
その月内に一度も取引が無くても220円掛かってしまうのですが、一時停止をすることも可能なので心配なしです。

積立を行っている比較的手数料が安い証券会社は他にもあったのですが、そこは初めて聞いた名前の会社であり、やはりバックにSBIがいるのとは大違いです。
SBIグループというのは安心材料になると思っています。

他にもTポイントで株が買えたり単元未満(1株単位)で株が買えたりとプロではなく個人向けの証券会社で今後もいろいろサービスが充実してくることも予想できます。

口座開設もネットで完結することが可能で、先ほど記載した手数料も最後に行うクレジットカードの登録をするまでは発生しないので口座開設だけしておいて銘柄を選ぶということも可能になっています。

今回の「個別株積立投資」はもちろん低額で株式購入をはじめて見たい方や余ったTポイントを有効活用したい方にもおすすめの証券会社になっているので、興味がある方は以下から口座開設をしてみてください。

よほどのことが起こらなければ当分はこの三つの銘柄の積立を続けていこうと思います。
毎回いくらで何株購入したかはお知らせしていきます!

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。