スポンサードリンク

全物件入居!満室経営状態に戻ります!!!

6月から久し振りに満室経営に戻ります。

昨年夏と今年の初めに物件を購入して、さらに途中で何部屋か退去もあったのでどこか1~2部屋は空いているという状態が続いていたのですが、最後に購入したアパートで唯一空いていた部屋が6月から入居となったのでこれで全物件満室となりました。

現在の状況と満室経営の簡単な秘訣をお伝えしたいと思います。

2月に購入したアパートが一部屋だけ空き状態で、2DKの間取りだったのを1LDKにリフォームをして先月工事が終わっていたのですが、1ヶ月ちょっとで無事入居者が決まりました。

このご時世で単身者のアパートがこの時期に1ヶ月ちょっとで決まるというのは結構早い方だと思っています。

これで全部屋入居が決まったことになり、6月からの家賃収入は以下になります。
(もちろんここから返済や管理料や火災保険なども払うので全部がキャッシュフローになるわけではないです。)

アパート①:196000円
アパート②:132000円
アパート③:154000円
アパート④:147000円
アパート⑤:160000円
戸建て①:85000円
戸建て②:105000円
戸建て③:65000円
戸建て④:115000円
戸建て⑤:45000円
戸建て⑥:55000円
戸建て⑦:52000円

合計は1,311,000円となります。

しっかり満室になっていれば返済をどんどん進めることができ、貯まった家賃でキャッシュまたはそれを頭金にして次の物件の購入を進めることが可能になります。

とにかく不動産投資をスタートさせたら空室(空室期間)を減らしていくということが最も重要なことになるので満室を維持できるというのが最高の状態ということになります。

満室経営の秘訣ですが、何度かこのサイトでも記載していますが、「餅は餅屋に」です。

どういうことかいうと専門家の意見を素直に聞くということです。

まずは信頼ができる管理会社をみつけてそこに管理や入居者募集を任せるのが空室期間を減らす最善の策だと思います。

家賃やリフォームプランなど、基本は自分の意見で決めるのではなくその管理会社の意見に素直に従うようにしています。

このくらいの家賃なら入居者を見つけられるというのはその道のプロが一番わかっているし、リフォームもどこまですれば入居者が決まるか過剰にリフォームをしても家賃には反映させられないなどプロの意見が私のような素人より精度が高いと思っています。

管理会社の方から選択を求められたときや説明をしていただいたときに会話や判断がしっかりできるように私自身も勉強はしましたが、私の知識が必要になるという場面は本当にたまにしかありません。

信頼関係もありますし、お任せしているので空室のまま放っておかれるということは絶対になくなるのでなかなか決まらない場合は新たな提案などもいただくことが可能になります。

余計な口を出すとむしろ管理会社さんもやりにくくなるだけで非効率になるので私はお任せすることを徹底しています。

基本的には短期間で入居者さんを決めてくださるので感謝の気持ちしかないです。

やはりどんなビジネスも大事なのは「人」「人間関係」になると思っているのでその辺りが満室経営の秘訣だと個人的には考えています。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。