スポンサードリンク

両面パネルと反射防草シートを使用した分譲太陽光発電所!

久々の分譲太陽光発電所の紹介です。

今回は今までにないかなり面白い案件なので是非皆様にも紹介しようと思い記事にしました。

両面パネルと反射防草シートを利用して発電量を増やしている発電所です。

以下詳細をご確認ください。

【両面パネルと反射防草シート案件】
販売場所:群馬県藤岡市
販売価格:3,102万円
販売電単価:24円(税抜)
土地契約形態:売買
想定利回り:10.58%
パネル:Trina solar(トリナソーラー)
パネル容量:99.96kW
パワコン:Huawei
年間想定発電量:124,297kwh
年間想定売電額:3,281,440円
※土地代(登記代)、造成費、保険、防草シート、フェンス代、標識代全て込み


(※両面パネルの参考画像です)

反射防草シートにルンルンシート白ピカが敷設される予定で、両面パネルを活用して裏面からも発電するシステムとなっています。
両面パネルは雪が降った際なども雪からの反射で裏面で発電することができるので雪国でも注目されています。

今回の案件は関東地方の案件なので首都圏在住の方などにもおすすめです。

まずは両面パネルの案件がどんなものであるのかを知りたい方は資料請求をしてみてください。私もします。

詳細は以下から確認可能です。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。