スポンサードリンク

1号機11月シミュレーション比120% ぼちぼちの結果で一安心

本日太陽光発電所1号機の売電明細が届きました。

10月が過去最低の結果だったので心配していたのですが、11月はぼちぼちの結果となりとりあえずは一安心の結果となりました。

今年は厳しい1年でしたが、そこまで大きな影響はなく終えられそうなのでよかったです。

以下詳細です。

売電量:3,620kWh、売電額:143,352円、シミュレーション比:120%

シミュレーション比も120%で売電額も十分で今月は多くのキャッシュフローを出すことができました。

以下でパネル1kW当たりの1日平均発電量も見てみます。

2.62kWh/kWと言うことで11月の中では良い方の結果となりました。

すごい良い結果ではありませんが、晴れの日が多ければそれなりに発電してくれることが確認できているのことは安心材料になります。
12月の良い結果で1年を締めくくっていただけることを期待したいと思います。

ダメだダメだといった1年でしたが、しっかりキャッシュフローを出しているので太陽光発電の安定感を再度確認できた1年となりました。

私の発電所の20年間の収支予想は以下になっているので興味がある方はこちらも参照してください。
⇒太陽光発電投資の収支計画のリアルな数字を大公開!!!

太陽光発電の詳細について知りたいという方は以下からメガ発さんの無料会員になってe-book「太陽光発電投資の基礎知識」をゲットしてみてください。完全無料ですがなかなか勉強になります。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。