スポンサードリンク

1,000,000ZAIFトークンを購入しました!将来性に期待大!

今までコインチェックでアルトコインの買付と積み立てを行ってきましたが、ZAIFという販売所が発行しているトークンを1,000,000ZAIFトークン分購入しました。(トークンについては後ほど解説します)
1,000,000というとびっくりするかもしれませんが、現在1ZAIFトークンが0.5円を挟んで行ったり来たりしているので50万円ちょっと買ったということになります。

購入した理由は、ZAIFを運営しているテックビューロ社や仮想通貨に長けている方のいろいろなサイトやTwitterの情報を総合して、大きく値上がりする可能性が高いと判断したからです。(結構多くの方が同じ理由でZAIFトークンを少し前に購入しているようなので既に購入している方もいるのではないでしょうか?)

仮想通貨とトークンの違いは?

まずトークンって何?って方が多いと思います。
「トークンとは」とか「トークン 仮想通貨 違い」で検索しても書いてあることが似ているようで似ていないようでといった感じでよくわかりません。

よって、私はこう捉えています。
トークンも仮想通貨の一部ではある。
しかし、トークンは発行者が存在していて、発行量も発行者が決めることができるとあるシステム内で使用できる代替通貨のようなものである。
技術的には、トークンは既存のブロックチェーン技術を使って利用される通貨です。(トークン以外の仮想通貨は独自のブロックチェーンを使用)

まあトークンが何かはそこまで重要ではなく、なぜZAIFトークンを購入したかという点が重要なので以下にその理由を記載したいと思います。

ZAIFトークンを購入した理由

まずトークンには発行者がいると記載しましたが、ZAIFという仮想通貨の販売所を運営しているテックビューロ社です。言い換えるとZAIF自信が発行しているトークンということになります。

テックビューロ社はロックアップという「発行済みのZAIFトークン22.5億ZAIF(発行総数の25%)を2018年12月末日まではテックビューロ社は売りません」とい発表をしております。
(この22.5億ZAIFは先日まで実施されたCOMSAトークンのセールで集まっているZAIFトークン建ての資金とほぼ同額です。)

簡単に言うと、COMSAトークンでZAIFトークンが集まったからといってすぐに現金化するつもりはありませんよ。1年ちょっとはテックビューロ社で保有しますってことです。

それがどうした???

と思った方もいると思いますが、現在1ZAIFトークンが0.5円くらいですが、テックビューロ社は来年末までに価格が上がれば上がるほど売却益が増えるということになります。

よって、ZAIFを運営しているテックビューロ社はZAIFトークンを上げるためにこれから1年かけて対策を打ってくることはほぼ間違いないと思います。(0.5円より下がったテックビューロ社も損をしてしまうので)

これがZAIFトークンの過去のグラフですが、1ZAIFトークンが0.5円ということもあり、比較的簡単に価格が上がるのです。(逆に下がるのもすぐの時もありますが)

例えば、テックビューロ社がZAIFトークンの用途の施策を打って、リップルなどのように50倍とかになる可能性も十分秘めていると思っています。
50倍でも25円で今のリップルと同じくらいですよね。10円でも20倍です。

ここ数日ずっとZAIFトークンを眺めていて0.5円を挟んでいったり来たりです。
皆さん様子見といった感じなんだとだと思います。

1年スパンで考えて、50万円までであればこのテックビューロ社に投資したつもりでZAIFトークンを買ってみようと思い1,000,000ZAIFトークン購入してみたということです。
(仮想通貨の知識人の多くの方が同じような見解でZAIFトークンを買っているのも理由の一つです)


平均買付が0.508くらいになってしまいましたが、一旦下がったとしてもこれは当分ホールドする予定です。

ZAIF販売所のその他の利点

今までコインチェックのみをおすすめしてきましたが、今回このZAIFトークンを買うためにZAIFを調べたらいろいろ利点がありました。その結果私はコインチェックとZAIFを上手く使い分けていこうという結論になりました。

以下がZAIFのその他の利点です。
『手数料がかなり安い』
ビットコインとモナーコインの現物取引にかかる手数料はマイナス0.01%です。買ったら現金もらえることになります。NEMはZAIFでもコインチェックでも買えるのですがコインチェックと比べると手数料が1/10以下です。

『売買取引板を見ながら指値が可能』
コインチェックではビットコインしか指値が出来ませんが、ZAIFは他の仮想通貨も可能です。

『自動積立が可能』
ZAIFでは各種仮想通貨で自動積立が可能です。
これは結構便利で感情を挟まずに完全な積立でドルコスト平均法を活かすことが可能です。
私も一部の通貨はZAIFで積立に切り替えます。

『リスク分散』
コインチェックでは100万円までは不正アクセスの補償対象です。
100万円を超えて新しい通貨を買う時はリスク分散でZAIFを使うというのもありだと思います。

逆にデメリットはシステムがたまに固まることがあるという点です。
デイトレのようなことをするわけでなければそこまで影響はないので私は気にしていません。

ZAIFトークンを購入したりZAIFの販売所を利用したりするには、以下から口座開設をして本人確認をした後郵送で届く認証番号を入れる必要がありますが、難しいということは一切ありませんでした。

買うか買わないかは個人の判断ですが他にもいろいろなトークンが販売しているので仮想通貨に興味がある方は、口座開設はしておくことをお勧めします。
(なぜなら私が口座開設が遅れたために本当はZAIFトークンを0.4円くらい買える時期を逃してしまったので)

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。