スポンサードリンク

2016年夏休みハワイ旅行記はちょいちょい更新しているのでご興味がある方は以下から覗いてください。
⇒2016年夏休み ハワイ旅行記その7 ピエールマルコリーニ

不動産投資(太陽光発電)を始めたきっかけは?

今日はここ最近何人かの方から質問をいただいた内容について回答したいと思います。
質問の内容は「不動産投資(太陽光発電)を始めたきっかけはなんですか?」というものです。

私は不動産投資を6年半くらい前から始めて、2年前くらいから太陽光発電を始めております。

楽待という不動産投資物件検索サイトを利用している方を対象に行ったアンケートでは、投資歴1年以下の方では「日銀のマイナス金利」をきっかけに不動産投資を始めたという人が最も回答が多かったようです。

私は景気とか経済の施策とかというのは全く関係なく始めております。
そもそもサラリーマンには限界を感じていて、どうにかして自分で稼ぐ力をつけなければということでまずは株や投信や日経225などを始めました。
大きく儲けた時期もありましたが、損をした時期もあり結果はちょっとマイナスということで、どうやっても株や投信では安定して稼ぐというのは難しいと考え、ほかの投資をということで考えていました。

そのころたまたま親しくなった人が不動産投資で安定した家賃収入を得ているという話を聞いて、その後猛勉強で不動産投資など自分努力でなんとかすることができるし安定した収入も得ることができそうだということで不動産投資を始めたというのがきっかけです。

物件を買う際に間違えなければ安定した家賃収入が入ってくることを実感できたのでちょっとずつ増やしてきているというのが現状です。

その後その不動産投資を紹介してくれた人が太陽光発電を初めてこれは不動産投資よりさらに安定した収入が入ってくるということを実証してくれたので遅ればせながら2年弱前に太陽光発電に参入したという感じです。

最終目標はリタイヤなので安定してキャッシュフローを増やしていける投資を始めたといった感じになると思います。
今後も安定してキャッシュフローを増やせる投資には積極的に行動していこうとは思っております。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。