スポンサードリンク

1号機5月シミュレーション比87% 嘘みたいな最悪な結果に・・・

太陽光発電所1号機の5月の売電明細が届きました。

見たこともないくらいひどい結果でした。

今回は完全に天候ですが、さすがにここまでひどいとかなり心配になります。

以下詳細です。

売電量:4,592kWh、売電額:181,843円、シミュレーション比:87%

シミュレーション比もひどいのですが以下のパネル1kW当たりの1日平均発電量はもっとひどいです。

3.56kWh/kWです。

グラフを見れば一目瞭然ですが、2021年の5月だけおかしな位置にプロットされいます。一番発電量が多い時期にものすごくひどい結果ですね・・・
発電所設置地域の5月の天候を見ると丸一日晴れた日が一日もないのでそれが要因だとは思います。

過去数年を見ると10日晴れていた年などもあり、今年の天候は異常な状態でした。
幸いまだ梅雨になっていないので少しでも6月に巻き返してくれればといった感じです。

昨年から天候には恵まれず過去最低と何度か書いていますが、それでも不動産投資で空室が出ることを考えると全然効率はよいです。

空室が出ると家賃が入らないのはもちろんですが、原状回復費用なども掛かるので支出も大きくなります。
太陽光発電は天候が悪いくらいのロスであれば正直たいしたことはなくしっかり稼ぐことが可能です。

今月はなぜか多くの方から太陽光発電の問い合わせが多く、今になって新規に購入したいという方も結構出てきているようです。コロナの影響もありそうです。

まずは、以下のメガ発さんから情報収集するのがおすすめです。
完全無料で会員になれるのでまだ会員でない方は会員になってみてください。「太陽光発電の基礎知識」というe-bookをダウンロードすることが可能です。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。