スポンサードリンク

1号機 11月 シミュレーション比132% まあまあの結果に満足!

本日、太陽光発電1号機11月の売電明細が届きました。
11月ってシミュレーションでは1年で最も発電量が少ない月になります。

そんな11月ですが1号機の今年の結果はぼとぼちの結果でした。
さらに11月までの累計はダントツの過去最高です。1年間の累計発電量も過去最高を更新するのは間違いなしの状況です。

まずは以下売電明細をご確認ください。

発電量:4,007kWh、売電額:155,792円、シミュレーション比:132%

11月にしてはなかなかの結果です。
続いてパネル1kW当たりの1日平均発電量のグラフです。

2.72kWh/kWで過去2番目に良い結果でした。
総じてこの11月はまあまあ良い結果だったと思います。

ここまで11ヶ月の累計発電量も58,000kWhでダントツの過去最高です。
2017年、2018年2016年までと比べて大幅に発電量が増えている状態です。

天候のばらつきもあると思いますが、2017年始めた雑草対策がかなり効果が出ているのだと思います。
⇒今年最後の除草剤散布に行ってきました!

日常点検は地味ですが意外と重要だなということを実感しています。
⇒om’s「産業用太陽光発電メンテナンスガイドブック」ってどんな内容?
⇒メガ発さんe-book「太陽光発電投資の基礎知識」ってどんな内容?

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。