スポンサードリンク

2号機4月シミュレーション比119% 冴えない結果に・・・

昨日太陽光発電所2号機の4月の売電明細が届きました。

3月、4月の太陽光発電の稼ぎ時なのですが、パッとしない結果となりました。

それでも収入額としてはそこそこの金額を維持はできたのでギリギリ許容できる結果だったとは思っています。

以下詳細です。

売電量:5,378kWh、売電額:212,968円、シミュレーション比:119%

月単位の売電額としては4月の平均的な結果となっています。
ただし、32日間の結果なので以下パネル1kW当たりの1日平均版電量で比較すると冴えない結果だったのがわかってきます。

パネル1kW当たりの1日平均発電量は、4.17kW/kWhで過去2番目に悪い結果となりました。

以下の1号機の3月の結果のコメントでもいろいろご指摘いただきましたが、2号機の3/19~4/19の結果で3月後半の天候が悪かったことが要因である可能性が高いと思っております。
⇒1号機3月シミュレーション比111% 一転過去最低の結果に・・・相当心配です!

それでも21万円を超える輸入がしっかり入ってくるので収益という観点でも十分合格だと思います。

私の発電所の20年間の収支予想は以下になっているので興味がある方はこちらも参照してください。
⇒太陽光発電投資の収支計画のリアルな数字を大公開!!!

太陽光発電の詳細について知りたいという方は以下からメガ発さんの無料会員になってe-book「太陽光発電投資の基礎知識」をゲットしてみてください。完全無料ですがなかなか勉強になります。

情報収集しておけば今後中古で優良案件が出る可能性が十分にあります。
まだまだチャンスはあるのでしっかり情報収集をしていこうと思います。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。