スポンサードリンク

平成30年度 FIT買取価格18円へ値下がりへ

2月7日に経済産業省から平成30年度(2018年度)の太陽光発電(10kW以上)の買取り価格案が発表されました。
平成29年度から3円値下がりの1kW当たり18円となる見込みです。

太陽光発電事業を行うにはさらにコスト削減努力が求められることになります。

FIT制度が始まった時の買取価格が40円だったのでついに半分以下の買い取り価格になったということになります。
さすがに18円では相当のコスト削減をしないと採算が取れなくなってくると思います。

土地から探して格安のパネルを格安で設置してということができればなんとかなるかもしれませんが、相当の行動力がある方でないと難しいと思います。
ただ購入時に行動をしてしまえば、あとはほぼ不労で安定した収入を得ることができるので行動するだけの価値はまだあるとは思います。

もう一つ買取価格が下がると厳しくなるのが融資です。
銀行は18円の買取価格で採算がとれるかの計算をするようになるので、融資額の上限が下がってきて頭金がある程度必要になるかもしれません。

よって、太陽光発電を購入したい、増やしたいという方がチャンスがあるとすれば、買取価格の高い分譲案件を購入するということになると思います。

分譲案件の掲載量が充実しているメガ発さん、タイナビさんのサイトにはここ数日の間も出力抑制無しで利回り11%以上の案件が複数アップされています。
しっかりチェックしていればまだまだ優良案件が掲載されると思うので太陽光発電を本気で購入したいと考えている方はサイトを2,3日に一回はチェックするようにしてみてください。

もしもまだ無料会員になっていない方がいれば以下から会員登録はしておいた方がいいと思います。
何度も記載していますが、完全に無料で勧誘なども一切ありません。
会員限定案件が閲覧できたり、優良物件の情報がメールが届いたり、e-book(太陽光発電投資の基本)を無料でダウンロードできたりするメリットがあります。

タイナビ発電所

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。