スポンサードリンク

太陽光発電のパワコンはどれくらい持つのか?費用は?

メガ発さんのコラムで「太陽光のパワコンは20年持つか?」という内容がアップされておりました。

太陽光発電のランニングコストで税金以外で大きく発生する可能性があるものはこのパワコンの交換・修理代くらいだと思っております。
本日は「パワコンはどれくらいもつのか?交換修理になった際の費用はどれくらい掛かるのか?」について記載したいと思います。

パワコンの寿命は?

パワコンは大体のメーカーが保証期間10年としています。
ということで10年前後で寿命がくると考えておけばよいと思います。

メーカーに20年以上勤務しており品質保証部門にいたことがある私の経験からいうと、国内の製品であれば寿命は保証期間より長くなることの方が圧倒的に多いです。
よって平均でいうと15年~20年はもつんじゃないかと思っています。

ただし20年もつのはだいぶラッキーなパターンでほとんどは20年の間に一回は交換が必要になると思います。

パワコンの交換・修理費用は?

パワコンが故障した際にどれくらいの費用がかかるのかもとても気になる点です。
パワコンの中で故障する可能性が高い部品は、フィルター、ファン、電解コンデンサだそうです。

電解コンデンサのは基板ごと交換になるのでそれなりの費用が掛かりますし、フィルター、ファンもそこそこの費用は掛かるようです。

元々のパワコンの金額にもよりますが、これらの部品を全て交換するとなるとパワコンの購入金額の半分の費用は見ておいた方がよいようです。

丸々交換になるよりは半分で済むならまだましかなぁと個人的には思っています。

パワコン交換用に積み立てなどしていますか?という質問を以前いただいたことがありますが、私は特に積み立てはしておりません。
売電収入には一切手をつけていないので故障したらそこからお支払いをすればOKかなぁと思っています。

メーカー倒産のリスク

もう一つパワコンであるリスクはメーカーの倒産です。
田淵電機が事業再生ADRを申請しており田淵電機のパワコンを使用している方は部品単位での交換ができなくなる可能性があります。

保証期間内の故障であっても交換はしてもらえない可能性が高く、メーカーが倒産した後に故障が発生するとなにかとやっかいです。

万が一メーカーが倒産した後にパワコンが壊れてしまったとすると他のメーカーにパワコンごと交換すれば復旧はするので、運営できなくなるということはないと思います。

パワコンのリスクにどう備えるか?

パワコンのリスクに備えてすることは、しっかり日常点検をすることです。
壊れたらすぐに交換すればそこまで損失が発生することはないので、故障に気が付くというのが一番重要になってくると思っています。

私は、最近は1ヶ月に1回は点検に行くようにしているのでどんなに長くても1ヶ月以内には故障に気が付くと思っています。
⇒太陽光発電所1号機/2号機視察!まさかのトラブルと格闘で熱中症寸前に

「太陽光のパワコンは20年持つか?」とメガ発さんのコラムからの記事になります。
メガ発さんの会員の方はコラムも覗いてみてください。

まだ会員になっていない方は以下から完全無料で会員登録が可能です。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。