スポンサードリンク

台風で太陽光発電所が吹き飛ばされた!感電注意!

昨日の台風21号が日本列島を縦断して大きな被害をもたらしました。

私の住んでいるエリアはそこまでひどくはなかったですが、四国、近畿、東海地方などでは大きな被害が出ているようです。

その中で「台風で太陽光発電所が吹き飛ばされた」というようなニュースも多数あり発電事業者にとっても大きな被害となっています。

昨日の台風は瞬間最大風速がかなりの強さだったため相当しっかり設置してある発電所でないとなんらかの損傷があった可能性が高いと思います。

私の発電所はかなりしっかり設置をしてもらえており、毎月の定期点検をしていて問題はなかったので心配はしていませんが、一応週末に確認に行ってこようと思います。
⇒メンテナンスガイドブックを参考に太陽光発電所の点検をしてきました

壊れた太陽光発電所は感電に注意

ほとんどの方は既に十分理解していると思いますが、壊れた太陽光発電に不用意に触れると感電して最悪死に至ることもあります。

壊れた太陽光発電設備でも発電を続けていることが多く、その状態でパネルや水没している水に触れると感電してしまいます。

これは産業用でも住宅用でも同様なので、壊れた太陽光発電設備には絶対に素人は触れてはいけません。

業者に連絡してしかるべき措置をしてもらうようにしてください。

しっかり保険に入っていれば復旧が遅れて保証されますし、1日2日を焦ってもどうにもならないと思います。

2次災害にならないように十分注意してください。
⇒【要注意!】壊れた太陽光発電で感電のおそれ!

日本は災害大国なのでやはりしっかり保険に入っておくことが重要になると思います。
自然災害については保険にさえ入っていれば確実に補償されるので補償範囲をある程度充実させておくとよいと思います。
⇒om’sのメンテナンスパックは保険としての活用が可能!

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。