スポンサードリンク

コインチェック XMR、REP、DASH、ZECの取扱中止

先週末にコインチャックは、XMR、REP、DASH、ZECの4つの匿名通貨の取扱を6月18日で中止すると発表をしました。
見事に4種類とも保有している私は今後どうするかを決断しないといけなくなってしまいました。

数日考えて、決断をしたのでその内容を紹介します。

まずは、匿名通貨って何よ?というところからですが、追跡するのが難しい仮想通貨という感じです。
どういうことかというとハッキングリスクが高い通貨ということになります。

NEMのハッキングがあってコインチェックも慎重になっているので、これらの通貨が取り扱い中止になることは予想されていました。
4つの通貨とも現在国内の大手販売所では取り扱いがないのでコインチェックが販売中止になると海外の販売所に保管するかハードウォレットに保管するか売却するかの選択になります。

ちなみにレジャーナノSでは、XMRを除くREP、DASH、ZECの保管が可能です。
海外の販売所での保管は何かと心配なため選択肢にはないので売却するかレジャーナノSに保管するかになります。

現在のそれぞれの通貨の保有量は以下です。

XMR:1.65、REP:12.4599、DASH:0.493、ZEC:0.914
全て合わせて15万8千円くらいです。

レジャーナノSに保管しても売る時には、海外の販売所を開設しないといけなくなるので、売ってしまうことに決めました。
そのまま6月18日まで持ち続けて自動で売却でもいいので、もしも少しでも値上がりするタイミングがあればそこで売却処理をしようと思います。

元々リップル(XRP)だけは長期保有の方針でその他の通貨は順次売ってもOKと考えていたのでちょうどいいといえばちょうどいいかもしれません。
⇒リップル(XRP)がAmazonと提携で1200円に爆騰か?!

リップル(XRP)はいくつかもの国内販売所が取り扱っているので、レジャーナノSに保管しておいてもいつでも送金して売却することができるので安心です。
Ledger Nano S(レジャーナノエス)

アルトコイン訴求

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。