スポンサードリンク

1号機6月シミュレーション比122% 厳しい結果が続く・・・

太陽光発電所1号機6月の売電明細が届きました。

先月が最悪の結果だったので今月も心配していましたが、またまた厳しい結果となってしまいました。
天候の問題もあると思いますが、やはり経年劣化も意識しないといけなくなったのかもしれません。

以下詳細をご確認ください。

売電量:4,967kWh、売電額:196,693円、シミュレーション比:122%

シミュレーション比はそこそこの結果ですが、1日の平均売電量でみるとかなり平凡な結果です。
以下パネル1kW当たりの1日平均発電量です。

3.72kWh/kWです。

昨年の次に悪い結果となってしまいました。
引き続き心配な状況が続いています。パネルの汚れや経年劣化で発電効率が大幅に落ちている可能性もあると思っています。

それでも十分キャッシュフローが出て回っているので大きな問題ではないと今のところ判断しています。
20年間でしっかり利益を出せれば問題はないとは思っています。

私の発電所の20年間の収支予想は以下になっているので興味がある方はこちらも参照してください。
⇒太陽光発電投資の収支計画のリアルな数字を大公開!!!

太陽光発電の詳細について知りたいという方は以下からメガ発さんの無料会員になってe-book「太陽光発電投資の基礎知識」をゲットしてみてください。

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。