スポンサードリンク

1号機7月シミュレーション比117% 今月もやっぱりそんなに良くはない・・・

太陽光発電所1号機7月の売電明細が本日届きました。

そろそろ発電量が回復することを期待していたのですが、今月も残念な結果となりました。

7月初めは梅雨で梅雨明けしてからは比較的天気が良かったので期待していたのですが、ダメでした・・・

以下詳細です。

売電量:5,167kWh、売電額:204,613円、シミュレーション比:117%

今月もシミュレーション比でみるとぼちぼちなのですが、パネル1kW当たりの1日平均発電量は残念な結果です。
以下グラフをご確認ください。

3.62kWh/kWです。

過去最低というのは脱していますが、やはり平均よりは下ということで大幅な改善というところまではいきませんでした。
それでも過去最低を脱していますし、7月までの累計では昨年よりは良い結果となっているのでまあ天候さえ回復してくれればという感じです。

この売電明細と一緒にビジネスTEPCOのサービス開始のお知らせ(パスワード)が届いたのでそちらで分析してみようと思います。

コロナ禍で不動産投資のような空室リスクや株投資のように元本割れすることもなく、キャッシュフローを十分に出せており、ポートフォリオの中では安定感がNo1の投資になります。

コロナ禍以降太陽光発電については問い合わせが非常に多くなっています。興味がある方はまずは以下から完全無料のメガ発さんに会員になってみることをおすすめしています。
無料で。「太陽光発電の基礎知識」というe-bookをダウンロードすることが可能になるのでまずはそれを読んでみてください。

チャンスを掴む準備をしておけば今は投資という意味では好機だと思います。
コロナ禍の収束を祈りつつ投資についてはしっかり準備をしておこうと思っております。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。