スポンサードリンク

空室対策!特別キャンペーンを実施!

不動産投資をはじめてから12年くらいになりますが、初めて空室がなかなか埋まらない状態になってきています。

現在2部屋空室があり、長い方で3か月入居者が決まりません。

管理会社と相談して空室対策キャンペーンの第一弾を実施することにしました。

12年間ほぼ満室で運営してきて、長くても退去が出てから1ヶ月半くらいで次の入居者が決まっている状態がずっと続いていました。

それが現在二つのアパートでそれぞれ一部屋ずつ空きがあり、片方が3か月、もう片方が1.5ヶ月ちょっと空室になっています。

単身用のアパートとファミリ向けのマンションなどは、コロナの影響が大きいようで、転勤など人の動きが少なくなっており、なかなか空室が埋まらないという状況にあるようです。

どちらもコロナ前は時期も関係なく、すぐに次の入居者が決まっていました。

相場よりは安めの家賃設定はできているとは思うので、人の動きさえあればといった感じです。

そうはいっても放っておいても入居者は決まらないので、管理会社の社長さんと相談して、キャンペーンの第一弾を打つことにしました。

今回は第一弾なので仲介会社向けのキャンペーンとします。

「9月末まで限定、仲介料を家賃の3か月に大幅アップです」

管理会社の方曰くこれが一番効果があるそうです。

仲介の会社も人の動きが少なく歩合も減っている状況なので、仲介手数料が大きい物件は優先で紹介してもらえる可能性がかなり高くなるようです。

通常は家賃の1ヶ月分という大家さんも多い中私は常に2ヶ月分で、今回はさらに1ヶ月分プラスして3ヶ月分としました。

3ヶ月分だしても入居者が決まる方が絶対にお得なので、これで決まってくれれば御の字です。

コロナの影響が大きいようなので決まればラッキーくらいの気持ちでまずは9月まで待とうと思います。

それでもダメそうであれば今度はお客様(入居者)向けのキャンペーンも打ってみようと思っています。

とにかく先手先手で対策を打っていくことが重要だと思うので、今後も管理会社に相談しながらしっかり対策を打っていこうと思っています。


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。