スポンサードリンク

トルコリラの今後の動向予測とトルコリラ積立投資のメリットの詳細!

FX(特にトルコリラ)の積立投資に関する問い合わせを非常に多くいただいています。
これからトルコリラ積立をしようと考えている方ももう既に始めた方も気になるのは今後のトルコリラの動向だと思います。
私もその一人で週末にいろいろ調べてみたので調べた結果のまとめとそれでもトルコリラ積立にメリットがあるという理由について記載したいと思います。

トルコリラの今後の動向予測

まずは以下トルコリラのチャートをご覧ください。

現在はちょうど1トルコリラ=30円くらいですね。
10月9日にアメリカとトルコがお互いにビザ発給の停止が発表されて31.5円くらいから一時29円まで下がってしまい、その後30.8円くらいまで戻していたのですが、ここ2,3日でまた30円を切るところまで下がっている状況です。

ここ2,3日で下がったのは、EU首脳会議でドイツのメルケル首相が「トルコの人権問題を理由にトルコへの資金援助の削減を求める」と発言をしてトルコとドイツの関係の悪化が懸念されて30円を切ったところで推移しているというのが現状です。

現状が過去最安値近辺なので気になるのは今後トルコリラがどうなるかだと思います。
そのあたりについてもいろいろ調べてみました。
(あくまで調査結果で必ずそうなるというものではないのでその辺はご理解の上読んでみてください。)

まず今後トルコリラに影響を与えそうな要因は以下です。
「中国の状況」「トルコ国内の政治について」「トルコと欧米との関係」
もちろんこれ以外にも世界的なリスク要因に対してはトルコリラも反応はするので戦争や原油価格などがあるとトルコリラは下がる可能性は十分ありまし。

『中国の状況について』
中国経済は一時期成長の鈍化がみられましたが今年は少しは取り戻している感じです。
それでも不動産はバブル感があるのでいつまた失速するかわかりません。

世界最大の消費国が失速するればリスクオフが発生し、比較的安全資産と言われている円は買われハイリスクなトルコリラなどは売られる可能性が高くなります。

『トルコ国内の政治について』
トルコはエルドラン大統領は独裁的な大統領です。
先日の国民選挙で改憲が承認されエルドラン政権がより権限強化されてしまった感じです。

ただ、逆にエルドラン政権で安定してきてしまった感じもあり、エルドラン大統領もさすがに現在の為替水準はトルコリラは安すぎると考えているようで、為替介入をにおわす発言も出ています。

エルドラン大統領の独裁政治がトルコリラ安の要因と言われていた時期もありますが、その印象は変わってきている様子です。

『トルコと欧米との関係』
これは最近のトルコリラを下げている要因となっている、アメリカとの関係やドイツとの関係になります。
これらを解決できるかでトルコリラがどちらに進むかは大きく変わってきますが、時期は難しいですが永遠に解決しないということはないと私は見ています。

【トルコリラ動向のまとめ】
ここまで記載してきたようにまだトルコリラが下がる要因も残っていることは事実です。
よって、短中期的には25円程度まで下がる可能性も十分あると思っています。

ただトルコは地理的に中東やアジアとヨーロッパをつなぐ位置にあり、経済成長はプラスを続けているので、中長期で持てば必ず上がってくると考えております。

この動向を考慮した投資がトルコリラ積立投資になるので以下でその詳細を説明したいと思います。

トルコリラ積立投資のメリット

トルコリラ積立投資にメリットがある理由を数字的に説明したいと思います。

10,000トルコリラを来週購入するとします。
現在1トルコリラ=約30円なので約30万円必要になります。

これがもし1年後に1トルコリラ=25円まで下がってしまったとします。
約5万円の損失です。

しかし、この間スワップポイントが毎日もらえるので大体現在の水準である90円を毎日もらえたとすると1年で32,850円もらえるということになります。
1年後に25円まで下がると17,150円の損失ということになります。
※スワップポイントは日ごとに変動します。

もしもこの25円になるのが2年後でスワップポイントがそのままだったとするとどうでしょう???
なんと25円になっていても15,000円以上儲けが出ていることになります。

よって、トルコリラが下がってロスカットになるくらいの高レバレッジで運用さえしていなければいつかプラスになるのです。

さらにさらに、積立で投資することを推奨しているので、例えば徐々に毎月0.5円ずつトルコリラが下がって25円になったとしたら徐々に安い額でトルコリラを購入できるようになるので、平均取得価格も徐々に下がってきます。

よって、25円になった際の為替差損は一回で一気に買ったときよりは大幅に減らすことが可能です。

もちろん投資に絶対はないのですが、ここまで読んでいただければトルコリラの積立のリスクがかなり低いことがわかっていただけるじゃないかと思います。

私はアメリカとのビザ発給の前に9,000トルコリラ買ってしまって為替差損が出ていますが今のところ全然気にしていません。(以下参照)
スワップが2,000円弱ついているのでいつかこの差損も相殺してくれると思っています。

トルコリラが30円を切っている状況なので始めるなら今がちょうどいいのではないかと思います。
是非月1万円からでも積み立てて見てください。

FX会社は安定度の観点から私はセントラル短資FXを推薦しています。
口座開設は完全無料ですし口座管理料などもないのでまずは口座開設からしてみてください。セントラル短資FXであれば私も利用しているので質問に答えることが可能です。
FXダイレクトプラス

⇒トルコリラ円スワップで金利20%以上で資産運用!
⇒トルコリラ&メキシコペソのFX積み立て投資のQ&A

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。