スポンサードリンク

トルコリラ&メキシコペソのFX積み立て投資のQ&A

トルコリラとメキシコペソのFX積立を行っています。詳細は以下の記事に書いてありましが、何名かから同じような質問が来たのQ&Aの形で回答したいと思います。
投資なのでリスクはもちろんありますが、リスクとリターンの関係ではリターンの確率が高い比較的安定した投資手法だとは思うのでまだ以下の記事を読んでいない方も仕組みだけでも理解していただければと思います。
⇒トルコリラ円スワップで金利20%以上で資産運用!
⇒FX積立のリスク分散用にメキシコペソ投資を月2万円

まずはもう一度簡単にこのトルコリラ、メキシペソのFX積立投資の仕組みだけ復習しておきます。
トルコ:政策金利8%、メキシコ政策金利:7%なのでその高金利にFXのレバレッジを少しだけ活用して年利20%もらおうというものです。
この基本的な仕組みをベースにいくつかいただいた質問について回答したいと思います。

『質問①』
積立と投資と書いてありますが、毎月自動引き落としとかでトルコリラなどを買うことができるのでしょうか?
『回答①』
いいえ。できません。私の場合は自分で毎月15日と決めてトルコリラ3万円、メキシコペソ2万円を入金してその日にその通貨を買うようにしています。(マニュアル積み立てといった感じです。)

『質問②』
レバレッジを利用してとありますが、実際に自分でレバレッジを選んだりするのでしょうか?(これ私も最初に同じ疑問をもちました)
『回答②』
結論から答えると、レバレッジが大きくなり過ぎない範囲(レバレッジ3倍程度)でトルコリラやメキシコペソを買っているというだけです。もう少し具体的に書くと以下です。(トルコリラを例に記載します)
私の場合は3万円入金して3000トルコリラを買うようにしています。3000トルコリラを円に換算すると、現在1トルコリラ=約30円なので3000トルコリラ=9万円ということになります。
ということで3万円を入金して9万円分のトルコリラを買っているということでレバレッジ3倍ということになります。
(もちろんもっとレバレッジを効かせることができるので75万円くらいまでのトルコリラを買うことが可能ですが、少しトルコリラが下がったらすぐロスカットなので3倍をおすすめしています。)

『質問③』
レバレッジ3倍ならリスクはほとんどないのですか?
『回答③』
トルコリラが過去最安値を大きく下回ってもロスカットはしないレバレッジにはなっています。(21円程度までは耐えられる)
ただ、投資に絶対はないのでトルコの経済が一気に悪化したり、ほとんどないけど国がデフォルトになったりしたら損失はできます。
レバレッジを大きく掛けているとロスカットになるのも早いですし、最悪の場合は急激な為替変動でロスカットの価格を下がって売られてしまうこともあるので大きく損が出る可能性もあるよということになります。
よって、レバレッジ3倍以内は守ってリスクを少なくしておいた方がよいと思います。

『質問④』

上記画面で評価損益とは何ですか?
『回答④』
為替差損や為替差益のことです。9000トルコリラは買った次の日にアメリカとのビザ発給の問題が発生して若干トルコリラが下がったので現在は差損が出ている状態です。ただ今日現在スワップ金利で2000円弱ゲットしているのでこのままの為替水準であればプラスになるのは時間の問題です。

『質問⑤』
上記画面でスワップ金利が489円もらっているのですがどのような計算ですか?
『回答⑤』
基本的には現在私が利用しているセントラル短資FXでは10000トルコリラ当たりスワップ金利が1日85円もらます。
土日の分ももらえるので私もいまいちいつのスワップがいつ反映されているのかはわかりませんが、きちんとトータルで計算すると上記金利がもらるはずです。しかも毎日微妙に金額も異なっています。
※スワップポイントは日ごとに変動します。

総じていうと

上記のQ&Aでもわかるように、トルコリラやメキシコペソFX投資は個人的な意見としては「ローリスクミドルリターン」の安定した投資だと思っております。(いろいろ考え方があるのであくまで個人的な見解です)

リスクとリターンの関係でリターンの方が高くなる可能性が高いものに積立でドルコスト平均法を使って投資をしていくというのは可能性的には資産増やせることになるのかなぁと考えております。
為替差損のリスクはあるのでやはり同じ額を毎月積み立てるという方法がこの手法の場合はよいと思います。

興味がある方は以下が各通貨でスワップポイントが安定しているFX会社なので口座開設してみてください。
もちろん口座開設も口座管理も無料です。

【トルコリラ:セントラル短資FX】
FXダイレクトプラス

【メキシコペソ:マネーパートナーズ】
外国為替証拠金取引のマネーパートナーズ

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。