スポンサードリンク

トライオートFX トルコリラ自動売買で買い増し中!

トライオートFXというインヴァスト証券の為替自動売買システムを使ってトルコリラの自動売買を始めて2週間ちょっとが経過しています。

ここまでの売買や損益の推移などを観察してきましたが、かなり満足度が高いです。
昨日の記事でトルコリラを50,000トルコリラまで買い増してますと記載しましたが、そのうちの29,000トルコリラがこのトライオートFXでの買い増しです。

安いところで確実にトルコリラを買い増していくという意味ではかなりおすすめできる手法なので詳細を改めて紹介したいと思います。

現在のトライオートFXの口座の状況です。
12,925円の含み損で3,570円のスワップポイントとなっております。

状況を考察する前にまずは設定について振り返っておきます。

想定レンジ500pipsというのは、500銭(5円)のレンジで売買をするという設定です。
注文本数を100本としているので5銭間隔で注文がされるということです。

初回注文価格が26.55円なので、26.55~31.5円までの価格で5銭刻みで最大で100本の注文がされることになります。
(実際は値上がりしたら利益確定がされるので100本注文されることはほとんどないと思います。)

取引額は1K(1000)なので、一回の注文当たり1,000トルコリラ購入するということです。
上記の設定では、推奨証拠金が299,500円なので約30万円を入金すれば大きなリスクはなく取引ができるということになります。

もう少しわかりやすく説明すると、例えば1トルコリラ=29円から28円に値下がりしたとすると、28.95円、28.90円と5銭刻みで約定していきます。5銭刻みで指値(逆指値)注文がされているので下がれば下がった分1000トルコリラずつ買い増しされていきます。(平均取得価格を下げることが可能です)

カウンター値と利確幅の設定を70銭にしているので、70銭上がったら利益確定して、利益確定した価格から70銭下がったらまた買うという繰り返すの設定になります。(利確決済1回あたりの利益が700円です。)

ここまでは設定についてのおさらいです。
これで何がすごいかというと、下がった時だけ確実に買い増しするという点です。(スタートした時より値上がりしたらその時も買い増しますが今は下落傾向なので下がった時だけ買い増しされます)

5銭ずつ買い下がっていくので平均取得単価がかなり低い水準でトルコリラを買っていくことができています。
その証拠に、現在過去最安値付近にある状態なのにマイナスは1万円以下です。

今私の設定では想定レンジ500銭で100本の設定なのでこの設定を50本にすればもう少し間隔をあけて10銭下がる単位で買い下がる設定にすることも可能です。

利確設定の70銭も調整して、もっと小さい値幅でコツコツ利益をあげる設定にすることも可能ですし、スワップを得続けるために基本的には売らないようにもっと大きい値幅に設定するこも可能です。

このトライオートFXはかなり自由度が高いシステムだと思うので、上記私の設定を元に一人一人にあった設定で運用してみてください。
トライオート

100%利益を出せると断言はできませんが、長期で考えると利益を出せる確率はかなり高い投資手法だと思います。
このトライオートFXも口座開設・口座維持共に無料なので興味がある方は上記から口座開設してみてください。
(※投資の判断は必ずご自身でするようにしてください。)

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。