スポンサードリンク

2020年2月の投資実績(FX&株)

2020年2月の投資実績の報告です。

今月は皆様もご存知の通り、新型コロナウイルス肺炎の影響で全世界で株価が暴落、実体経済にも大きな影響が出始めています。

私の投資成績も過去最低の報告となってしまいましたが、リアルな状況をお知らせしておこうと思います。

悪い時でもしっかり分析を行って今後の投資活動には活かしていこうと思うます。

FX(メキシコペソ積立投資)

2月末時点の含み益:448,189円-420,000円=28,189円(1月からの差▲43,323円)(元本42万円:2019年8月に2万円入金で買い増し)

ただし、15万メキシコペソはFMプライムbyGMOからFX会社を乗り換えた際に購入したもので、乗り換えの際に78,727円を利益確定しているので106,916円の含み益が出ていることになります。
⇒メキシコペソ 予告通りスワップ16円のFX会社に変更!

一時期1メキシコペソ=6.0円まで上がりましたが、新型コロナウイルスの影響で現在は5.5円まで下がっています。スワップは大きく積み上がっているので、10万円を超える含み益が出ている状態をキープできています。

現状は最もスワップの高いセントラル短資FXで運用をしております。
⇒メキシコペソを最高条件で買い増し!利回り驚異の30%!

2月時点の含み損:1,552円+4,865円=6,417円(1月からの差:▲4,160円)

こちらは同じメキシコペソ投資でもレバレッジを5倍にして攻めのメキシコペソ投資を実施している口座です。多少の含み益となっております。
⇒【おすすめ】攻めのメキシコペソ投資が半年で驚異の利回り46.4%!!!

株式投資

2月時点の含み益:172,900円(1月からの差:▲596,800円)

新型コロナウイルスによる肺炎が拡大する前は一時含み益が100万円だったのですが、大幅に含み益を減らすことになりました。

2月は銘柄の入れ替えと一部売却によるキャッシュ比率上げを行いました。
キャッシュ比率を上げた際はほぼトントンですが、銘柄入れ替えの際に損失を約1万円確定したので、含み益:162,900円(1月からの差:▲606,800円)ということになります。
⇒株を大幅に入れ替えました!
⇒投資活動も非常事態宣言・・・大幅にキャッシュ比率を増やす

ウェルスナビロボアドバイザー

1月時点の含み益:-10,382円(12月からの差:▲73,393円)

こちらも新型コロナウイルスの拡大によって含み益が一気に吹っ飛びました。一時期含み益が12万円あったのですが一週間掛からず含み損になってしまっています。

 

⇒ウェルスナビ(WealthNavi)のロボアドバイザー投資を開始!

2019年の投資成績

ポーランドズロチ円サヤ取り:60,504円
メキシコペソ積立(通常):143,210円
メキシコペソ積立(攻め):9,897円
株式投資:837,900円
ウェルスナビ:73,990円
ひふみ投信:7,536円

合計:1,133,037円

2020年の投資成績

メキシコペソ積立(通常):▲36,294円
メキシコペソ積立(攻め):▲3,480円
株式投資:▲675,000円
ウェルスナビ:▲84,372円

合計:▲799,146円

2020年2月は新型コロナウイルスの影響が大きく出てしまいました。

拡大が報道されるまでは順調に含み益が増えていましたが、拡大が報道されから徐々に含み益が減っていき、2月末には全市場の暴落に伴って何十万円も含み益が減ってしまいました。2020年だけで見ると含み損約80万円とかなり大きな影響となっています。

下がったところで買うを実践したいですが、今回は最悪リーマンを上回る下げになる可能性もあるので、キャシュ比率高めを維持しながら判断していきたいと思います。

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。