スポンサードリンク

トルコリラ急落中!2018年どこまで下がるか?今後の見通しは?

高利回りでおすすめのトルコリラですが、最安値を更新して急落中です。
どこまで下がるのか?と不安になっている方も多いと思います。本日は、トルコリラ急落の要因分析と今後のトルコリラ投資の方針について紹介したいと思います。

ちなみに私は現在60,000トルコリラくらい保有しているのですが、今のところ全く気にしていません。その理由についても説明していきます。

トルコリラ急落の要因

本日もトルコリラは最安値を更新しています。
いろいろなサイトでトルコリラの下落について触れているのでそれらの記事も参考に今回の急落の要因について分析したいと思います。(特に株式会社マネースクウェア・ジャパンのFXマーケットスクウェア動画解説が参考になります)


2017年10月ごろから大幅に下げて、2017年末から2018年初に掛けて一旦30円に戻しましたが、そこからじわじわ下げて本日(2018年3月)は1トルコリリラ=27年台前半まで下がってきています。

どこまで下がっちゃうの?と心配になっている方も多いと思います。
私はどうかというと今回の下げについてはそんなに心配してなく、むしろ買い増しのチャンスだと捉えております。

以下の記事でも少し触れていますが、米ドル/トルコリラ(USD/TRY)で見るとそんなに下がっていないからです。
⇒円高が加速中!トルコリラ・メキシコペソを買い増し!

赤がトルコリラ/円で青が米ドル/トルコリラ(USD/TRY)です。
これを見ていただければわかるように、トルコリラは円に対しては値下がりしておりますが、米ドルに対してはほぼ変わらずです。

このチャートからわかることは、今回はトルコリラが下がったのではなく、米ドルが下がってそれにつられてトルコリラも下がっているだけということです。
本日は多少米ドルに対しても下がってはいますが、基本的には年初から米ドル/トルコリラ(USD/TRY)は3.8台を維持しています。

今後トルコリラはどこまで下がるのか?

よって、今後トルコリラがどこまで下げるかというのは、米ドル/円がどこまで下がるとというのを考える必要があります。

1ドル=100円まで下がると想定すると、1トルコリラ=26円を切るレベルまでは想定しておく必要があります。

100円÷3.8=26.3円

米ドル/トルコリラ(USD/TRY)=3.85だとすると26円を切るレベルです。

1トルコリラ=26円を切ってもロスカットされない水準にしておけば米ドル/円が上がりさえすればトルコリラも値を戻すということです。

トランプ大統領の保護主義政策の問題がクリアになれば、米ドル/円はある程度戻すと考えております。
さらに、米朝の首脳会談の進展によっても米ドル/円が戻す可能性は十分にあると思っています。

トルコリラの投資方針

今後のトルコリラ投資に対する私の方針は「1トルコリラ=26円までは少しずつ買い増す」です。
理由は以下の2点です。

①米ドル/円が下がっているだけでトルコリラ自体の下げ要因があるわけでない

②スワップポイントが下がらなければ3年で投資額全額回収可能

①については、ここまで説明した通りです。

②については、現在最もスワップポイントが高い「みんなのFX」は100円/日を継続しています。10万円で10,000トルコリラを買って保有していたとすると、1,000日で投資資金の全てがスワップポイントで回収できることになります。

トルコリラ/円が値下がりしたとしてもスワップポイントが下がらなければ、3年弱保有すれば投資資金は全て回収できることになります。
当然トルコリラ/円が値下がりすればスワップポイントも値下がりする可能性もありますが、みんなのFXは現状スワップポイント(100円/日)を維持しているので長期で見れば買い増ししても問題なしということになります。

さらに以下のようなポジティブ要因もあるので私は下がったら少しずつ買い増しをしておこうと思っております。

・トルコ中銀が利上げをする可能性がある

・2019年の大統領選で大統領が変わって国内情勢が好転する可能性がる

トルコ中銀はインフレ目標を5%としておりますが、2017年末時点で13%(現在も10%超え)とかなりのインフレ状態です。
インフレになると中央銀行は普通金利を上げてインフレ率を下げようとします。トルコ中央銀行としては今後さらなる利上げをしようとしてくるのはほぼ間違いないです。

現状は、エルドアン大統領が利上げに圧力をかけている状態なのでなかなか利上げができないでいます。
ただ、来年には大統領選が控えており、その結果次第では一気にトルコの国内情勢が変わる可能性もあります。
(大統領が変わらなくても利上げの可能性は十分にあると思います)

トルコリラ投資を始めるなら積立がおすすめ

1トルコリラ=27円前半まで下げているので、今からトルコリラ投資を始める方はリスクはだいぶ低い状態でスタートすることが可能だと思います。
普通に購入してもかなりリスクは低い状態だとは思いますが、さらにリスクをさげるためにコツコツ積立投資をするのをお勧めします。

ここからさらに下げたとしてもドルコスト平均法で平均取得価格を下げることが可能です。
一気に買うよりさらにリスクを低くすることができます。

トルコリラ積立投資を始めたいと考えている方は、スタートするならこのタイミングだと思います。
スワップポイントが下がらなけば投資額は3年程度で全て回収できるので、スワップポイントが高く安定しているFX会社を利用するようにしてください。私が利用しているおすすめのFX会社は以下2社です。

『スワップポイント額No1』
⇒トルコリラスワップポイント100円/日 利回り36.5%!
トレイダーズ証券[みんなのFX]

『スワップポイント安定感No1』
⇒セントラル短資FXがトルコリラスワップポイントを大幅値上げ!
FXダイレクトプラス

※今回の記事で予想した最安値を下回る可能性もありますので最終的な投資の判断は必ずご自身でするようにしてください。

スポンサードリンク

記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。