スポンサードリンク

2020年6月の投資実績(FX&株)

2020年6月の投資実績の報告です。

緊急事態宣言が解除され経済活動が再開した月でした。

市場の動きは相変わらず不安定で投資には難しい1ヶ月となりました。

まだ記事にしていませんが、株の銘柄は結構入れ替えも行った1ヶ月でした。

第二波による暴落がいつ来てもおかしくないので油断せずに冷静にアクションをとっていきたいと思います。

FX(メキシコペソ積立投資)

6月末時点の含み損:333,080円-450,000円=▲116,920‬円(5月からの差▲43,560円)(元本45万円:2020年3月に3万円入金で買い増し)

ただし、15万メキシコペソはFMプライムbyGMOからFX会社を乗り換えた際に購入したもので、乗り換えの際に78,727円を利益確定しているので▲38,193円の含み損ですんでいます。
⇒メキシコペソ 予告通りスワップ16円のFX会社に変更!

一時期1メキシコペソ=5.0円を回復したのですが、現在はまた4.65円まで下がっています。スワップは大きく積み上がっているので、5.0円ちょっとまで戻れば含み損は全て解消できることはわかりました。コロナが収束するまでは今の水準が続くと思います。

現状は最もスワップの高いセントラル短資FXで運用をしております。
⇒メキシコペソを最高条件で買い増し!利回り驚異の30%!

6月時点の含み損:▲8,823円(5月からの差:▲3,708円)

こちらは同じメキシコペソ投資でもレバレッジを5倍にして攻めのメキシコペソ投資を実施している口座です。みんなのFXからLight FXに切り替えて3万メキシコペソを購入しています。
⇒メキシコペソを買い増した理由をものすごく詳しく説明!

株式投資

6月時点の含み益:180,600円+150,200円=330,800円(5月からの差:▲209,500円)(5月までの累計で150,200円の利益確定)

6月は最後に大きく銘柄を入れ替えています。第二波も考えて銘柄を見直しました。詳細はまた別の記事で紹介します。
(利益確定、損切もいくつかしました)

⇒新規銘柄の購入理由を解説!買いたくなるかも?!
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!パート1
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!パート2

ウェルスナビロボアドバイザー

6月時点の含み益:4,002円(5月からの差:25,228円)

含み益の状態に戻すことができました。もっと下げたところで積立額を増やそうと思っていたのですが、下がったのは一瞬で積立には大きな影響は出なかったということになります。

⇒ロボアドバイザーは本物!コロナ前の状態に完全に戻す!

2019年の投資成績

ポーランドズロチ円サヤ取り:60,504円
メキシコペソ積立(通常):143,210円
メキシコペソ積立(攻め):9,897円
株式投資:837,900円
ウェルスナビ:73,990円
ひふみ投信:7,536円

合計:1,133,037円

2020年の投資成績

メキシコペソ積立(通常):▲181,403円
メキシコペソ積立(攻め):▲18,720円
株式投資:▲507,100‬円
ウェルスナビ:▲69,988円

合計:▲777,211円

2020年6月も新型コロナウイルスの影響が残っており厳しい一ヶ月となりました。5月よりも悪化してしまっています。

ここからが重要になり投資対象によって二極化が始まると思います。
また、コロナの第二波による暴落懸念もいまだ大きくあります。

今後は暴落が起こっても耐えることができる投資スタイルに移行していくのが重要になると考えています。
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!パート1
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!パート2

将来に向けてコツコツ資産を構築したい方ににおすすめの投資法はこちら↓
⇒暴落にも耐えられる安定した投資法切り替え!


記事が参考になった方以下クリックで応援お願いします。